忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1730]  [1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723]  [1722]  [1721]  [1720


梁を そのまま室内の仕上げとして使う事で
意匠的に面白い空間が出来る事にも繋がります。
 
なんて書きましたら
 
 
 

梁背が低いですがワザとですか?なんて質問頂きました。
 

あーたメザトイ(爆

 
はい。3階部分断熱スペースですのでワザとっすw
 
 

↑ 桁廻りより室内の梁が小さいでしょ。大きさも揃えています。

あまりデカイとクドイですからね^^
 
って訳で積雪等 屋根に掛かる荷重は母屋で受けてます。
 
 

↑赤い部分が母屋 大きいでしょ。
 
こちら 屋根断熱では無いので屋根垂木は小さいですが それでも186mm高。
 
もひとつ ちょっと気づくこと無いですか?
 
側面部の垂木だけ屋根流れ方向と直行していますね。
 
これね 屋根パネルとして大工小屋で組んでおいて屋根に上げるんですが
 
 

空を飛ぶー 屋根が飛ぶー スーパーシティに舞い上がるーw
 
 

コレやる事でね
 
上で赤色に塗った母屋が外観に出ないでスッキリした屋根ラインが生まれるんですね。

デカイ垂木使ってもスッキリ収まる訳です。
 
 
 
うーん 良いプロポーション。
 

深くて低い屋根がカッコイイ^^

 
 
 
うん ステキw  アイズ新型プロトスタイル確定 (   ̄ー ̄)フッ










この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
8 10
15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR