忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2075]  [2074]  [2073]  [2072]  [2071]  [2070]  [2069]  [2068]  [2067]  [2066]  [2065
何このタコの足みたぃの?
 
 
 
そうです。換気システムのダクトですね^^
 
第一種ダクト式熱交換型換気です。
 
この給気ダクトが各部屋に配され 適切な位置にて排気されます。
 
その新鮮給気は一括して外部より取り込まれ
各部屋からの排気を熱交換されて 室内に給気される訳で
 
 
 
↑こちらが その熱交換部分。
 
ショートカットを起こさない様 給気口と排気口は近くには配しません。
 
この熱交換システムで 想定9割の熱交換を行ないます。
 
 ↓こんな感じ

 
室内温度が20度 外気温が0度の場合
室内排気温度より約9割~18度の熱を加えて室内に給気します。
 
イコール外気0度のままの給気を行う場合より熱負荷が小さくなる訳です。
 
ただし
 
こちらのシステム 一点だけ覚えておいて下さい。
 
夏季における一部期間です。
 
お気づきになりましたか。
 
そうです。
 
お盆も過ぎると 夜など室内より外気温が下がる事がありますね。
 
そんな時は 室内温より涼しいハズの給気が
多少なりとも熱交換されてしまうと言う事です。
 
なので 夏 外気温の方が低くなったなぁと感じたら
窓を開け払って 室内と外気温度を同化させる事が大切となります。
 
まぁ ずーっとエアコン入れていれば そんな事気づかないですが
なるべく自然温度で暮らしたい方は 覚えておいたほうが良い手間ですね。

年間を通じると確実にエコ側(エコロジー・エコノミー)に傾きますが
リスクとベネフィットを天秤に掛けてチョイスしましょう。
 
尚こちらのシステムは 春・秋など熱交換が不必要な時期には
極端に風量を落とす様作動しますので 窓開けを阻害しませんよ。
 
「閉じる」と「開く」
 
相反する事ですが やっぱり大切な事ですね。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
8 10
15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR