忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1747]  [1746]  [1745]  [1744]  [1743]  [1742]  [1741]  [1740]  [1739]  [1738]  [1737
現場納品した窓のステッカー見てたら
 
納入元が北海道石狩市になってて驚いた(クリック)

 
 
 
 
あ そっか YKKのトリプルガラスサッシュは北海道で生産してるんだっけ。
 
今まで気付かなかったす。ようこそ飛騨へw
 
当たり前だけど断面見ると3枚のガラスが確認できます(笑
 
 

 
構成は こんな感じ。
 
 
 ①トリプルガラス
 ②ダブルLOW-E or シングルLOW-E
 ③空気層(アルゴンガス)16mm✕2層
 ④樹脂スペーサー
 

 熱貫流率 0.91W(㎡・K)


 ようやく世界に肩を並べられる
 国産高性能窓が出来ました。

 
 
そして 上ステッカー画像にもある「日射熱取得率」について。
 
 
日射熱取得率(η)=日射侵入率 (単位はイータ)であり
数字が大きくなる程 日射の影響を受けると言う数字です。
 
なので こちら東・西・北面は樹脂トリプルガラスをチョイスし
 
南側のこんな大開口には樹脂ペアガラスを採用しています。
 


 
冬季の日射を取り込む為ですね。
 
樹脂ペアガラスは本土で制作してるので 北海道の記述はありませんw
 
↓ステッカーがこちら(クリック)
 
 

 
日射熱取得率が0.45ηと トリプルより数字が大きくなっているでしょ。
 
 
なんでもかんでも性能さえ上げれば良いってモノではありません。
 
 
太陽と風を立体的にデザインする事で
自然エネにパッシブ(受動的)な健康住宅が作れるわけですね^^
 
 
大切な事ですよ。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
7
11 12
20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR