忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2097]  [2096]  [2095]  [2094]  [2093]  [2092]  [2091]  [2090]  [2089]  [2088]  [2087
ユニットバス周りの断熱気密は
新築・リモデル共に非常に大切な部分です。
 
【 ブログ:ユニットバスは床断熱か基礎断熱か 】

 
そんなこんなで ユニットバスの入れ替え。
 
リモデルでも予算が許せは 洗面室等との一体基礎にて
基礎断熱をお勧めいたします。
 
ただし リモデルの場合はシロアリの事もあり基礎内側への断熱とします。
 
こちら某様邸 ユニットバス入れ替え工事の基礎編。
 
 
 
 
白い素材が
「ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 A種 特号」の防蟻断熱材。
 
120mm基礎内側に施工【 熱伝導率=0.034W/(m・k) 】
 
もちろん 床下部分も同様です。
 
ちなみに H11基準の最高等級にて北海道に課せられる

外気に接する土間床の外周部 熱抵抗値(R)が3.5に対し
 
こちら120mm施工にて 熱抵抗値(R値)=3.529でクリアしています。
 
 
 
別角度で見ると 土台(黒)との間や配管周りがモコモコしていますが
防蟻シーリングのあと 発泡系の断熱材にて熱橋を消してあります。
 
 発泡系の断熱材も適材適所で使えば 非常に良い素材です。
 
あくまで適材適所ですよw
 
ここまで丁寧に施工して初めてユニットバスの設置になります。

 
この後 注意しなけてばイケナイ点は続きますが とりあえず基礎編でした^^







この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
8 10
15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR