忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です。
[1523]  [1522]  [1521]  [1520]  [1519]  [1518]  [1517]  [1516]  [1515]  [1514]  [1513

拝啓とある現場より~ユニットバスって こんな風に
躯体とは別に一体の箱として家の中に入ってるんですよ。
 
 
 
そんなユニットバス設置前のヒト仕事があります。
 
上画像 ユニットバスが接している外壁だけ白いでしょ。
 
熱伝導率0.038Wの断熱材120mm+防湿シートが施工されているんですね。
 
その壁がもう少し耐力欲しい場合は 構造用合板が貼られます。
 
 
良く見ると 壁からチューブみたいパイプが出ていますが
 
 
 
換気扇との接合パイプです。
 
矢印部の白い線がブチル気密テープ。防湿シートを止めています。
 
壁のみで無く 配管等の貫通部も正しく前処理が必要です。
 
このテープの寿命的には メーカー試験から
加速試験で50年以上の耐久とされていますので安心です。
 
実際 ユニットバスの寿命はそこまで無いと思いますので
次回の入れ替え時にチェックすればOKと言う事に。
 
そしてこちら 壁の防湿シートは基礎断熱まで繋がっていますが
ユニットバス~躯体間の気流は もう一枚防水パンの所で止めています。
 
 
 
その辺は色々考え方があるのですが
一様に床下~躯体間の空気も管理出来る室内空気として考えます。
 
この原則を無視して 普通に施工しても断熱材の厚みが一定以上あれば
等級4(最高等級)は取れます。ただし実質性能は?(笑
 
ユニットバスの設置 気を使わなければイケナイ事けっこう多いんですねコレが。
 
 
リモデルにてユニットバスの入れ替えをする時は
正しい断熱気密施工のチャンスでもあります。【ブログ】

 
ちなみに ユニットバス~室内間の内壁も断熱材を施工しますよ。
 
そちらは吸音の意味が大きいですけどね。






この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR