忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2249]  [2248]  [2247]  [2246]  [2245]  [2244]  [2243]  [2242]  [2241]  [2240]  [2239
昨日の桁上断熱の続き
 
 
例えば こんな感じで「最上外皮部分」なのに
更に外壁と接している場合。(丸印部分)
 
 
 
こんな所も↓黄色線部分に水平構面が作ってあります。
 
 
 
では その部分の通気はどうするか?
 
軒天(下部)だけでも必要開口寸法があれば良いとされますが
それでは間違いなく小屋裏で空気が停滞します。
 
そこで基本的に 暖気は上に登りますので 外壁仕上げ前に
小屋裏から大屋根(棟)までの通気経路を作る訳です。
 
 
 
赤矢印が上昇気流イメージで そこが通気用の厚み。
 
そして その層より外側に「透湿防水シート」を施工し
更に漏水対策用の通気層を二重に作る事になります。
 
外壁と接する部分は全てです。
 
 

二重の手間になりますが コストを抑えつつ

確実に万が一の漏水は切れ 通気も担保できます。



滞り無く無理のない通気は必要不可欠。
 
断熱と通気・漏水対策はセットで考えましょう^^






この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
10
13 14 15 19
24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR