忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1951]  [1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1946]  [1945]  [1944]  [1943]  [1942]  [1941
 
例えばリビングに繋げた和室
 
使いそうで実はあまり使われてない事も多い様で。
 
そんな和室の2間壁面の半分(約1.8m)を奥行き抑えて書斎は如何^^
 
 
 

 
下がり壁に併せ扉面を少し引っ込めておく事で 閉めれば床の間っぽく見えます。
 
扉開けて座椅子を引き出せば バッチリ書斎。

作業中疲れたら そのままゴロンと休憩(笑
 
中に書類出しっぱなしでも 扉を閉めるだけで簡単に隠せますよ。
 
扉部分両脇を書棚にする事で かなりな量の収納になりますね。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
8 10
15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR