忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1913]  [1912]  [1911]  [1910]  [1909]  [1908]  [1907]  [1906]  [1905]  [1904]  [1903
床暖房についての提言。
 
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授である
前先生のリポートが的確すぎます。
 
「エアコン隠し」は厳禁 床暖房にも熱ロスの弱点 【 日経 】
 

まずは配管そのモノからの排熱を最小限に<クリック可>
 
 
 

 
この辺は設計段階の考慮で何とでもなります 【 画像は上記URLより 】
 
上の様な現場しか見た事ありませんが(汗
 
そして熱源の選択は慎重に
 
※電気をそのまま熱に変換するシート状のモノ等はエネルギー効率的に最悪。
 
 
 
 

・正しい断熱があって初めて機能する
 
・床仕上げは熱伝導の高いものを
 
・設定温度の抑制 (断熱性能があれば抑えられる)
 
・熱源の選択(ヒートポンプ・灯油やガスでも熱回収型等の活用)
 
・床下の断熱は重要
 
 


なんだかんだ温熱環境のデザインには やはり経験則も効きそうです。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
7
11 12
20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR