忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1800]  [1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793]  [1792]  [1791]  [1790
アイズ標準スタイル的に「縦構面(壁)」の耐力は ツーバイフォーに習い
構造用合板を躯体外側に設置し耐力壁とします。
 
理由はいくつかありますが 大きくは「断熱施工にムラが出来ないから」
 
なので 内壁の耐力は気流止めのみ留意したら「筋交い」で取る事も多く。
 
画像ナナメの材料が筋交い(クリック可)
 
 
 

 
 
筋交いの耐力はサイズと金物釘本数で決まります。
 
 
 

 
 
その辺はバランス良く←が基本中の基本。
 
 
あと内壁のみ筋交いとする事で 微妙なメリットもw
 
↓例えば製作中のニッチ(壁厚を利用した飾り等々)
 
 
 
 

 
これ反対から見ると 筋交いを避けて設置してる事が解ります。
 
 
 


 
面材でコレは出来ませんので(穴開けアウト)筋交いならではって感じですか。
 
 
もちろん
 
 
 

 
 
筋交い優先ですから ナナメ材をカットなんてトンデモ無い事ですよ^^









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR