忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2096]  [2095]  [2094]  [2093]  [2092]  [2091]  [2090]  [2089]  [2088]  [2087]  [2086
これなんだw
 
 
 
実は現場に1ヶ月以上放置してあった断熱材の端材。

廃棄前なので傷んでいますが(汗
 
天井用の高性能グラスウール155mm。
 
155mm✕2重で 310mm断熱。
 
 
 
ってこの断熱材 普通に自立してるでしょ。
 
密度が高いから出来る芸当です。
 
じっさい

経年・収縮・地震等による躯体の変動についていけるか?
 
断熱材等々の素材にとって大切なファクトかと考えます。
 
ちなみに
 
米国FDAの指針によると グラスウールには10%増しの

吹き込みが求められますが

 
 
155mmの製品が ザックリ200mmに膨らんでいます。
 
手ブレでボケていますが(汗

まぁ 10%増しの170mmは最低でもクリアしてますよね。

 
そぅそぅ セルロースには20%増しの吹き込み厚が求められています。
 
ここでも何度か書いていますが 弊社では管理できる天井裏以外に
セルロースを使わない理由がココです^^
 
 
素材と厚み そして経年変化とコスト。
 

断熱ひとつ取ってもイメージだけで素材を考えてはイケナイって事
なんとなくイメージ出来ますよね。
 
え?どゆ事?

お気軽にお問い合わせくださいませ^^






この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
7
11 12
20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR