忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2512]  [2511]  [2510]  [2509]  [2508]  [2507]  [2506]  [2505]  [2504]  [2503]  [2502

ダメな配管例。

 

構造・断熱・気密 全てに置いてダメです。

 

 

 

この温冷水配管(青と赤のさや管)たぶん 洗濯機用水栓など

壁給水の配管かと思いますが 仕上げをスッキリさせる為に

躯体の中に入れたのかと思われます。

 

例えば ↓ で言う所の右側の配管(正面のドアがユニットバス)なんかがソレ。

 

 

 

洗濯機用の壁配水は 躯体断熱+防湿(気密)+構造PBの後

室内側に付加して配管しましょう。これが正しい配管の図。

 

 

 

仕上げ的には こんな感じで面台が設きます。

 

 

 

分かりにくいですね・・↓これなら分かりますかw

洗濯機の給水栓用の付加壁となります。

 

 

 

これで断熱・気密・構造から切り離した配管となる訳です。

 

アディ押忍。



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
8 12 13 14
17
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR