忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2258]  [2257]  [2256]  [2255]  [2254]  [2253]  [2252]  [2251]  [2250]  [2249]  [2248
外壁下地の防水で気をつけなければイケナイ箇所に開口部があります。
 
まずは 窓を設置する前の画像。
 
断熱材パンパンに入って 防湿層が光ってますね。
 
 
 
窓設置の前には透湿防風シートが丁寧に貼られています。
 
先貼りする事で、シートの切れ目を最小限に出来ます。
 
で 窓を設置する前にシートを開口に併せカットし室内側に折り込みます。
 
 
そこに防水フラッシング(ゴムアスファルト)を敷き
室内側の防湿シートと丁寧に気密テープで繋ぎます。
 
 
 
まだ施工途中ですが 万が一開口部周りから漏水があったとしても
躯体に触る前に通気層から下に流すことが出来ます。



 
水は上から下に 風が吹くと上にも行きます。
 
更に密着している層だと真横にだって動きます。
 
丁寧な下地防水はコストを掛けない耐久性にも必要不可欠です。
 
そうそう。
 
開口部上は窓を設置してから 窓上から防水処理しますので
 
 
 
窓上部は 室内側には折り込みませんよ。
 
順番 順番^^







この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR