忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1962]  [1961]  [1960]  [1959]  [1958]  [1957]  [1956]  [1955]  [1954]  [1953]  [1952
本日 築25年のおうちリモデル打ち合わせにて
25年前に提出した見積り見せていただきました。
 
青焼きが懐かしいw
 
25年前と言うと ここ飛騨高山でも 窓といえばアルミ製シングルガラス
壁断熱と言えば10K品GW50mmなんてのが普通の頃。
 
そんな頃
 
 
 
 
ちゃんと木製窓LOW-Eガラス使ってます。
 
新省エネ基準の頃ですよ。
 
現行基準の最高ランクでも 熱貫流率=2.33Wにも関わらず
25年前なのに 熱貫流率=1.6Wの性能の窓使ってる訳です。
 
今でも十分通用する事は判りますよね^^
 
性能基準が古くなっていないって事。
 
ちなみにダブルハングってのがこんな上げ下げ窓。
 
 


外壁は塗り替え時期ですが こちら米国製の窓(木製アルミクラッド)
この頃の日本の窓は性能悪すぎて使えたモノでは無かったんですw
 
昨日今日始めた高断熱では無いの判って頂けました?ww
 
今 家を建てるならもう決まっている未来~例えば2020年の
次世代断熱基準の義務化はもちろん 国交省が2030年には導入したい
ZEH(セロエネルギーハウス)などにも対応して造っておくべきです。
 
建築基準や基準値は結構頻繁に変わります。
 
基準が変わったからと 価値が無くなる家なんて悲しいでしょ。
 
今後の基準値スケジュールは大体決まっています。
 
十年後に「しまった」なんて事が無いようにしたいモノですね。







この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
10
13 14 15 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR