忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
米国から遥々 建て方に間に合ったラウンドコラム。
(画像はダンボールですがw)


クレーンで吊って 芯柱に上から被せていきます。


これね 素材は大理石で 中は空洞なのに1本80Kgとかあるので(汗

4本並ぶとこんな感じ。うん いー感じ^^



アディ押忍






床厚物合板を貼る前に 基礎内の掃除機掛け。
 
 
 
もちろん お引渡前にも行いますが大切な事です。



キレイな現場に 丁寧な仕事が宿るってもんす^^







とりあえず トリプルガラスは重いw
 
3人がかりで設置
 
 
 
こちら ドレーキップ窓(ツーアクション)の1200✕1200サイズ。
 
http://eyescode.bijual.com/Date/20160805/ 【 ツーアクション 】
 
先張りの透湿防風シートをカットし設置します。
 
 

設置完了の図。
 
 
 
この後 防水ブチルテーブで 万が一の漏水が無い様
丁寧に的確に固めていきます。
 
 
私は あばら骨ヤッちゃったので見てるだけですが ←いつもだろ







お店のサイン 大切ですよね。
 
名前のロゴそのままでサイン欲しぃな♡ と言う事で^^
 
今回はお店の ロゴをそのままトレースして
「壁から浮いてる」サインの作成
 
 
 
まずは現場にて位置決め
 
 
 
そこに アイアン浮き文字を設置する訳ですが
 
 
 
うーん。壁から突き出た支線が黒くて目立つなぁと。 
  
って訳で急遽 現場で白に塗装w
 
 
 
はい 完成。
 
 
 
真っ白な壁に黒いアイアン浮き文字 可愛いでしょ^^
 
 
そしてファザード全体像。
 
 
 
いー感じに決まりました^^
 
今回のクライアント「エクラス」さんですが
今 とってもお忙しくなって新規予約は受付られない状態との事で
宣伝は控えさせて頂きます^^  まぁ羨ましい(笑








アーチ向こうの内開ドアの先に本棚を置きたいのですが


開いたドアが本棚に当たるのですぅ (T_T) と。




内開のドアを・・


外開きに変更w




何この間違い探しみたいなビフォーアフターww



と言いつつ 無垢のドアと枠だから出来る芸当^^


ちなみに23年前の担当邸宅・・あぅ 私も年取るはずだ(笑












最上階に水平構面を作ってますの図
 
 
 
そぅ ↓この為
 
 
施工後は ↓こんな感じ
 
 


アディ押忍








あれ何ですか?

   
 
なんてご質問を頂きました。
 
上画像 防水アルファルトルーフィング上の縦桟ですが
 
ほどなく その上に横桟を打ちまして
 
 
 
その横桟が瓦設置の瓦棒となります。
 
 
 
そこ拡大すると こんな感じ。
 
 

もし瓦から雨漏れがあっても
躯体に触らず排水できる為の 隙間作りなんですね。
 
 
これの上に瓦を緊結していきますが
その隙間は 熱気抜きの役目も果たします。
 
 

えらいね 瓦の下地w
 
って訳で 瓦職人さん渾身のピース^^
 
 
 


アディ押忍






この湾曲した材料が Knee brace(頬杖)です。
 
 
 
それを
 
こう
 
 
柱と横架材に 「ほぞ」で組んでいく事で 構造的に効きます。
 
組んでしまえば こんな感じ。
 
 
 
趣あるでしょ。

 
飾りじゃないのよ Knee brace   はっはー♫






南側であれば庇で影が作れますが



西側だと窓外に何か装置が必要になります。

例えば可動式スクリーン。



これからの時期だとスクリーン上げれば
日射取得熱として太陽が暖房代わりになりますね。





室内側4寸(120mm)HGW充填 防湿施工前



野外側100mm断熱用下地

窓は躯体側に設置



付加断熱 HGW100mm施工 


この上に透湿防水シート+通気層+外壁

外壁:充填120mm+付加100mm=220mm


※HGW=高性能グラスウール




パイピングは的確に計画しましょう。

炎を舐めてはイケマセン(汗




・・うーん。






そして青空




キーストーンもクオインも要石的要素。

木造が主流な今でも デザインだけは追従される訳で。




カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
8 10
15 16
24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR