忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
某さま邸 ガレージのドア
 
チュダーデザインにホワイトペイントが決まっています。
 
 

明り取りもロートアイアンで細かくデザインされています。
 
伝統は色褪せません。
 
 
 

さて このドア 室内から見るとこんな感じ。
 

 
 

実はこのガラス インスイングします^^
 

 
 
ギャング映画なんかで見た事ありますよね。
 
禁酒時代の「闇酒場」とか「闇カジノ」なんかの入り口で
イカツイ門番がカチャッと開けて客を確認するアレです^^
 

「スピークイージー」なんてカテゴリーですがw
 
・・・まぁ 簡単に話せるっちゃ話せますか(笑
 
 
ドアデザインにも歴史アリなお話でした。









外壁下地の防水で気をつけなければイケナイ箇所に開口部があります。
 
まずは 窓を設置する前の画像。
 
断熱材パンパンに入って 防湿層が光ってますね。
 
 
 
窓設置の前には透湿防風シートが丁寧に貼られています。
 
先貼りする事で、シートの切れ目を最小限に出来ます。
 
で 窓を設置する前にシートを開口に併せカットし室内側に折り込みます。
 
 
そこに防水フラッシング(ゴムアスファルト)を敷き
室内側の防湿シートと丁寧に気密テープで繋ぎます。
 
 
 
まだ施工途中ですが 万が一開口部周りから漏水があったとしても
躯体に触る前に通気層から下に流すことが出来ます。



 
水は上から下に 風が吹くと上にも行きます。
 
更に密着している層だと真横にだって動きます。
 
丁寧な下地防水はコストを掛けない耐久性にも必要不可欠です。
 
そうそう。
 
開口部上は窓を設置してから 窓上から防水処理しますので
 
 
 
窓上部は 室内側には折り込みませんよ。
 
順番 順番^^







そろそろ雪も溶けてきただろう今の時期の風物詩。
 
監理頼まれてる別荘地の冬越メンテナンス。
 
まずは1件目。
 
ウッドデッキを立てかけて雪囲い代わりにしています。
 
 
 
春になれば 下に倒してウッドデッキへと。良いアイデアでしょ^^
 
って 梁にしてる鉄骨曲がってるぢゃん( ̄▽ ̄;)!!  雪おそるべし。
 
   
 
 そして2件目。
 
 

解りました? はぃそこです(-_-;)
 
 
 
更に3件目・・あかん・・雪割り倒れてる(汗
 
 
 
こちら地上20Mとかあるんですけど(滝汗
 
 
4件目
 
 
 
ははーん・・電気の引っ込み線ブチ切れてますな・・電気点かない訳だ。
 
 
そして 5件目・・微妙に見えるんだけど道路の雪かきしてないので行けず(汗
 


ここも・・
 
 
 
ここも遠いw
 
 
そして本日の大目玉・・ 
 
 
 

隕石でも落ちて来たんですか(-_-;)




春の別荘地はパンドラの箱・・


 
つかもぅ 5月になろうとしてるのに普通に雪ある訳で。やりますな飛騨w
 
 







↓ こちらのエントリ 垂木の厚み分はどうするの? 
 
 
 
垂木厚み分より先に30mmφの気流経路が作られます。
 
 
管理できない空気は停滞させない。

転ばぬ先の杖。
 
 
キホンですw







昨日の桁上断熱の続き
 
 
例えば こんな感じで「最上外皮部分」なのに
更に外壁と接している場合。(丸印部分)
 
 
 
こんな所も↓黄色線部分に水平構面が作ってあります。
 
 
 
では その部分の通気はどうするか?
 
軒天(下部)だけでも必要開口寸法があれば良いとされますが
それでは間違いなく小屋裏で空気が停滞します。
 
そこで基本的に 暖気は上に登りますので 外壁仕上げ前に
小屋裏から大屋根(棟)までの通気経路を作る訳です。
 
 
 
赤矢印が上昇気流イメージで そこが通気用の厚み。
 
そして その層より外側に「透湿防水シート」を施工し
更に漏水対策用の通気層を二重に作る事になります。
 
外壁と接する部分は全てです。
 
 

二重の手間になりますが コストを抑えつつ

確実に万が一の漏水は切れ 通気も担保できます。



滞り無く無理のない通気は必要不可欠。
 
断熱と通気・漏水対策はセットで考えましょう^^






最上階最上外皮の断熱手法には 大きく3パターンあります。
 
それぞれ一長一短があるので チョイスには考察を要します。
 
本日はその手法の御紹介。
 
断熱材の素材は何でも構いませんが いずれにしても経年変化や
施工鮮度を上げる事を考えると その素材は絞られてくると思います。
 
まずは「屋根断熱」
 
その名の通り 屋根なりに断熱層を設けるスタイルです。
 
 
 

断熱厚みは 垂木背や付加した層で確保します。
 
 
そして「天井断熱」
 
こちらが一般的なスタイルと言えます。
 
 
 
内壁の気流留めや 構造が複雑に重なった部分などは
丁寧なチェックと経験が物を言います。
 
 
そして「桁上断熱」
 
図解で赤く塗った横架材が「桁」で その上に施工するから桁上断熱。
 
 
 

桁上に構造面材で水平構面を作り その上に断熱施工を行ないます。
 
構造的にも水平構面が作られる事で かなり有利に振れるとも言えます。
 
 
って訳で 桁上断熱ケーススタディ。
 
まずは最上部面材を受ける様に 高さを併せた横架材を3尺ピッチに組んでいきます。
 
 
 
そして組んだ横架材にシールと接着を目的とした気密テープを敷きます。
 
 
 
その上に構造用合板を施工する訳です。
 
その後屋根を施工し 水平構面が出来た所に断熱施工となります。
 
こちらは この水平面の上にHGW×300mmの施工となります。
 
 
 
もちろん建っている束等は丁寧に気密テープ処理しますよ。
 
防湿と水平構面と断熱が同じ高さでクリアできます。
 
どうですか。床の上での作業ですから施工もチェックも簡単に出来ますよね。
 
そんなこんなの桁上断熱 ケーススタディでした。








この画像から読める大切な事は2つ。
 
 
 
まず 一つ目
 
弊社では階段を掛ける際 化粧材を薄くする為
基本的に下地を組んでから階段材を乗せます。
 
その下地の踏み板部分は無垢材では無く構造用合板で
 
そのチョイスひとつで階段の音鳴りを防げます。
 
そして 二つ目。
 
階段材は壁に飲み込ませない様
階段設置より先に 断熱工事と防湿工事を終わらせておく事。
 
日本での一般的な階段施工は 壁内に受け材を作る事が多いのですが
それでは断熱が丁寧に行われないばかりか 防湿工事に不備が出やすく
壁内に湿気が停留してしまいます=カビ・ダニ・腐食の温床に。
 
外壁に絡む階段は特に注意が必要です。
 
 
そんなこんなの 階段講座でした^^
 
アディ押忍。








下家?
 
 
 
コレ何かと言うと ゲーブル部の妻壁パネル。
 
 
弊社では軸組造でも「母屋」を見せない様にする為
事前にゲーブルパネルを大工制作しておきます。
 
 

母屋ってのは↓で言う所の 屋根下に見える水平材。
 
 
 
和風ならいざしらず
屋根ラインをスッキリ見せる為には無い方が良いかなって。
 
 
って訳で 三角妻壁パネルの上に屋根パネルを乗せるとこんな感じ。
 
 
 
垂木並べると位置関係なんとなく判るでしょ^^
 
 


そうそう 最初の「下家」
 
 
 
なにかと思えば
 
 
 
この面の
 
 
 
ここに使う三角パネルでした。
 
 
 
ははーん 「下家」って「下屋」の事かwww
 

って そこ下屋でもねーし(爆

 

只今 恋人絶賛募集中の社員大工M君の作品でしたww













某様邸



バックヤードへのアプローチにて

シンデレラの小人達が出迎えてくれてました。






材料足らなかったんですか?とか建材屋に聞かれましたw
 
 
コラコラw
 
こちら角にホールダウン金物もみえますが 外部に「のみ」面した壁。
 
断熱を施工しない壁で 構造用合板を太鼓張りしてしまうと
壁内部で空気の対流が起こって 結露の原因になります。
 
なので 耐力面では無い方の合板は ワザと隙間を開けて貼っている訳です。
 
この上から透湿防水シート+通気層を施工して壁体内を開放するのです。
 
コレね 特に何か規定がある訳でなく経験則から。
 
こんな人知れない経験則も 住宅耐久性の担保に成り得るって思います。








枕木を建てて 異形鉄筋で繋いだフェンス。
 
 
 
薔薇を這わせてグリーンフェンスとして頂きました。
 
 
可愛いでしょ^^
 
アイアンの錆とウッドのコラボが素敵♡ と思っていたのですが

 
築15年も経つと・・
 
枕木が腐食して穴が空いてしまいました。
 
 
 
コールタールの塊みたいな枕木でも やはり耐久性は10年ちょっと。
 
天端に板金処理でもすれば違うのでしょうけど
シロアリの侵食は免れません。うーん。
 
とりあえす こちらのリモデルプラン作らせて頂きまし。










基礎断熱の場合は 土台と基礎を気密パッキンで密閉します。
 
コレは何やってるでしょう。
 
 
 
画像 黒い部分がヒノキの土台。
 
土台上端は番付が書いてあるので
棟上げ終了後 液状木炭を塗ります。
 
で 白い部分が防蟻断熱材(120ミリ厚)
外側は太陽光対策にて 既にモルタル下地が施工してあります。
 
その基礎と土台の間には気密パッキンがありまして
パッキン施工時には 気密の担保として
コンクリートとパッキンの間に防蟻コーキングを挟みますが
 
更にその外側からも防蟻コーキングを施工します。
 
転ばぬ先の杖ですね。
 
こんな見えない努力が 経年で変わらない性能を生むわけです。







カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
4 6
7 11 12
14 19
23 24
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR