忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2372]  [2371]  [2370]  [2369]  [2368]  [2367]  [2366]  [2365]  [2364]  [2363]  [2362
今回は「構造」と「デザイン」と「無駄」について考えてみましょう。
 
まずは ↓ これ家だと思ってください。が重量の流れです。
 
 
 
屋根や床など『自重』を柱(壁)を通じて
適切に地面に伝える事で 構成を維持する訳ですね。
 
ですが 上のような不安定な架構ですと・・
 
 
 
こんな感じに力が逃げてしまい
構成を維持する為には 結構な補強が必要になります。
 
そもそも補強が可能かどうかは置いておいても 
一本 横架材で繋ぐ事で 適切に自重を地面に伝えられます。
 
 
 
 
こんなのは簡単にイメージできますよね^^
 
「デザイン」は「構造」と一緒に考える事で
建物強度やコスト管理も 同時に進めていける事になります。
 

それをふまえて

 
住宅本見てたら こんなのが・・
 
 
 
おお 丸い(笑
 
RCかなぁとか思いつつ見てたら なんと木造wwww
どーやって構造計算してんだろ?(してないだろうけど)
 
でもって 丸い壁の内観がこちら
 
 
 
( ̄▽ ̄;)WW
 
言いたい事解りますよね (-_-;)
 
そして そこに置いてあったコメントがこちら
 
 
 

わざわざコストかけて 弱くした上で雨漏れリスクも上げています。
 
言いたい事解りますよね (-_-;)
 
 
うーん。



あ 画像検索とかしても出て来ませんが
こちら特定の方を批判している訳ではありませんので
不備がございましたら こちらのエントリは削除させて頂きます,,orz




この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
7
11 12
20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR