忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1954]  [1953]  [1952]  [1951]  [1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1946]  [1945]  [1944
本日はお葬式にて 新しく出来た某セレモニーホールに行ってきました。
 
出来て一年経ってませんので この手の建物最新デザインと言えます。
 
こちらがそのエントランスホール。
 
東側に大きな開口とテラスが。
 
 
 
 
開放的なデザインです。
 
・・で 感想をひとつ。
 
この空間 特に オー!スゲーと言う広い訳でも無いのですか
エントランスだけで 10台以上の天井カセットエアコンが(汗
 
↑画像にもある天井の四方向吹き出しのエアコンです。

 
1台 5Kw?6Kw?まさか8Kw超え?
 
思った最小でも うちの性能だと一台で40坪超えの住宅の冷暖房賄える性能です。
 
それで 大開口はアルミ枠のシングルガラス(滝汗
 

この開口 東側と書きましたが夏なんて午前中速いうちに

驚くほど室温を上げるスーパー暖房機になるでしょう。

 
ホールだけでコレなので建物全体で言えば 毎月の光熱費
もしかしたらスタッフ全員の人件費より多いかも知れません。

 
はい。
 
これ この建物の設備投資費を1/5にして
その浮いた予算でガラスや断熱に回すべきだったと思います。
 
初期投資だけで無く 毎月のランニングコスト対比でも
確実に恩恵があるでしょう。
 
建物は建てる時だけでなく 長い期間存在し
その分の維持管理費が発生する事を忘れてはイケマセン。

 
デザインできる建築士
 
構造計算できる建築士
 
現場監理できる建築士
 
~そんな建築士が全て温熱環境を考える事が出来るとは言えません。
 
むしろ逆。
 
デザイン重視のデザイナーが一番 温熱環境に疎いかと。
 
この辺が 安藤忠雄先生を神格化した建築系メディアの大罪とも考えます。
 
暑い?エアコン入れれば良い。
 
寒い?服一枚着れば良い。
 
それでも寒い?身体鍛えれば良い。
 
そんな事正当化してはイケマセン。
 
健康と室温の因果関係から目を逸らす意味は無いでしょう。

 
まぁこちら商業施設なので住宅と比較する意味はありませんが
毎月の光熱費を考えると なんてモッタイナイ計画なんだと(汗

 
とあるお葬式にて なんとなくな雑感でした。
 
 
失礼失礼,,orz








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR