忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1574]  [1573]  [1572]  [1571]  [1570]  [1569]  [1568]  [1567]  [1566]  [1565]  [1564
パッシブハウスとは ----------------------------------------
 
建物の断熱性能を上げる事により「アクティブな冷暖房器具」を
最小限に抑えると言う意味から「パッシブ(受動的な)」な家と位置付けされます。
 
受動的と言えばまずは太陽熱の利用。
 
それには大きな開口部と 夏季の日射遮断をデザインする事が基本ですが
 
 
 
床までの出入りできる開口部(掃出窓)も町中や
通りの視線が気になる場合は そうそう大開口もデザイン出来ません。
 
そんな時は開口部の大きさを確保しつつ 外部からの視線を遮るのが手。
 
 
 
こちらはお向かいさん2階の視線をステンドで遮っています。
座った目線高さに針葉樹を植える事で 外部からの視線を感じなくて済む訳です。
 
開口部のデザインは外観デザインにも直結するので大切な視点だと考えます。
 
 

やたら大きな開口作ったは良いけど 客人が玄関に入る前に
リビングで寝てるお父さんと目が合うとかイヤですよねw
 
それ嫌って いつもカーテン引いてて暗い・・なんてのも本末転倒です^^


夏は普通に暑くて冬は極寒な飛騨高山と言う地域性を考えたパッシブ高断熱デザイン。


そこにも画一的なスタイルは無さそうです。




この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR