忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1352]  [1351]  [1350]  [1349]  [1348]  [1347]  [1346]  [1345]  [1344]  [1343]  [1342
こちら ここでも良く出る絵ですが いわゆる気流のイメージ。
 
室内で暖房すればする程「煙突効果」で暖気が上に引っ張られる訳です。
 
 
 
実は断熱材の性能をクリアしただけでは この図式は変わらず
せっかくお金使って断熱しても「効かない」と言う悲しい事に。
 
実際「次世代基準」としてのチェックは断熱材の種類&厚みだけで
この辺が「断熱の質」として大きな差異が生まれる訳ですね。
 
って訳で 本日は「最下階の床」の収まりについて。
 
床断熱と基礎断熱では多少異なりますが ただいま建築途中の床断熱現場より

 
「ネダレス」の場合「剛床」だから気密が取れるなんて話がありますが

それウソですw

 
 
 
確かに根太の厚み分の気流は無くなりますが それだけの話。
 
 
ではどうするか。 例えば内部の柱~床~壁間の収まり。
 
 
 
床と柱間は気密テープでの処理がされていますね。
 
もちろん間柱も。(通常は壁の中なので見えません)
 
 
 
左上に見える金物はホールダウン金物。

その後 室内側との境界にはべパーバリア(防湿層)が設けられます。
 
こちらは畳部屋の為大引落としていますが その廻りも。
 
 
 
この気密テープ 一応メーカー的には50年は劣化しないとしていますが
実際全て内部に隠れ 外部からの刺激も受けないので
体感的にも 性能的にもっと長期的に期待できると思っています。
 
ついでに 窓まわりも。
 
 

白い樹脂サッシュの下にある黒いのが フラッシングブチルシート。
 
万が一の窓からの漏水から躯体を守る為の防水で
それも気密テープで室内のべパーバリアと連続させます。
 
面倒な事なのですが やるとやらないでは性能的にも耐久的にも大違い。

大切な「おうち」丁寧に創りたいものです。
 
はぃ。 でも・・

こんな事しなくても違法建築では無いんですよ^^

 
ただ こんな事も知らないで「高断熱です」なんて言うのはキビシイですね。
 
 
高騰するエネルギー費に対抗する為にも 光熱費は抑えたいモノです。
 
何より 温度的ストレスなく快適に暮らせる冬って良いですよね。
 
 
断熱の質 床廻りのお話でした。







この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR