忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1481]  [1480]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475]  [1474]  [1473]  [1472]  [1471
 
部屋が暖まらない理由の一つに まず気流の管理が上げられます。
 
「冬寒い家は夏暑い」と言う根拠の一つでもあります。

 
   
 

それを踏まえ ちょっと気になる光景を見たので。
 
とある現場にて 外壁を治すとの事でトタンが外してありました。
 
新規断熱材として青い硬質断熱材も置いてありましたが・・
 
 
 
その青い断熱材 スタイロフォームと言う製品名ですが 
同じ青い板でも製品種類によって倍近く性能が違うんですよ。
 
ちなみに この現場に置いてあったのが「1種b」でした。
熱伝導率が0.040W/(m・K)なので20mm施工で「熱抵抗値R=0.5」となります。
 
次世代断熱基準に求められる数字が「R=2.2」なので全く足りません。
 
と言いますか「筋交い」等も邪魔して ほぼ「無断熱」と相違ない感じです。
 
それよりも!床下からの気流で断熱材の意味は全く無くなるかと思います。
 
こちらのお宅 別に欠陥だと言ってる訳ではありませんよ。
 
普通の根太工法の家は まずこんな感じになっていると思って下さい。
 
  
 
灰色に見えるボード9mm厚の向こうがお部屋です。
 
これ位の無断熱の家だと 外部から受ける熱の20%位は壁から入ってきます。
 
なんとなくイメージできますよね^^

 
せっかく治すなら その壁の部分だけでも正せれば面した部屋の環境は
多少なりとも変るのですが。ほんのちょっとの事なんですけどね。
 
そんなこんなも外壁を更新してしまうと見えなくなります。
 
 
 
壁の内側 ちょっと興味わきません?(笑
 
 
 


 
気楽な「家づくり勉強会」やってますよw
 
 
 
この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR