忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2087]  [2086]  [2085]  [2084]  [2083]  [2082]  [2081]  [2080]  [2079]  [2078]  [2077
外壁通気とは 仕上げ材と躯体の間に作る空気層の事。
 
↓こちら画像の赤い矢印が外壁下地の空気の流れ(通気層)
 
 
 
外壁下地の通気は連続していないとイケマセン。
 
 
何の為の空気層か認識していますか。
 
まずは 不意の漏水があった場合でも 躯体に水が回らない様にする為。
 
 
 
画像は ニチハサイディングより
 
そして 夏季など外壁で暖められた空気や余剰水分を 外部に排出する機能も持ちます。
 
 

実際測ってみると 結構な量の空気が動いている事に驚きます。
 
水切り(最下部)より上に向かって空気が動く訳です。
 
なので
 
透湿防風シートの継ぎ目が少なくなる様に3m高の製品を使い
通気胴縁施工の前にツナギ目は しっかり気密テープで留めていきます。
 
 
 
これで漏水だけで無く 上昇気流の動きも阻害しません。
 
もちろん 土台水切り部分も丁寧に気密テープ留め。
 
 
 
後で見えなくなる安心。
 
こんな所にも 施工側意識の違いが出ますね^^








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR