忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1902]  [1901]  [1900]  [1899]  [1898]  [1897]  [1896]  [1895]  [1894]  [1893]  [1892
飛騨の方なら 認知度高いだろう某社さんの家

築14・5年との事。
 
ピロティ部(外部に開放された空間・車庫等)の天井にシミが。
 
 
 

 
施工会社さんに言っても水道屋さんに言っても治らないので・・とのオファー。
 
この天井の上はトイレとお風呂との事。

 
原因の大きくは たぶん2つ。

 
まずは外壁からの漏水を天井が受けている事と 水道配管の結露が考えられます。
 
外壁からの漏水は外壁を是正すれば止まりますが
数年前に再塗装したとの事・・いやん モッタイナイ(汗
 
そして 水道配管の結露
 
 
 
 
こんな感じで 鉄管がムキ出しになっている箇所が数か所。
 
排水管にいたっては 保温すらしてありませんでした。
※弊社では防音目的で排水にも保温掛けます。
 
間違いなく鉄管や排水管は結露する事でしょう。
 
その結露水が 一番上の画像シミの原因の一つです。

 
と言いますか・・
 

階上の床には断熱材のカケラもありませんでした(汗

 
2階のお部屋って何処も寒くないですか?の問いに
 
「寒くてガラスは二重にしました」との事ですが やはり寒いと。

 
そりゃ床が殆ど外部に晒されている訳ですから 窓くらいの改善では・・(T_T)

 
築15年程度でも こんな施工は結構あります。

 
もちろん これ建てた所は今「高断熱は当たり前」って言い切ってます。
 
はぃ残念です。
 

とりあえず 今後数十年で一番お金が掛からないだろう
改善手法をご提案させて頂きたいと思います。
 
 
 
断熱を蔑ろにする事は ムダにお金と健康を捨てている事と同義です。
 







この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR