忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1060]  [1059]  [1058]  [1057]  [1056]  [1055]  [1054]  [1053]  [1052]  [1051]  [1050
屋根には鉛直荷重だけでなく 同時に圧縮や引っ張りなど過酷な外的圧力が掛かります。

そこで住宅金融支援機構【 フラット35 】では 技術基準仕様を定めてあります。

屋根下地の素材・釘の種類・釘打ち本数・継手の大きさまで抑えてある訳です。


yane-shitaji.jpg

ちなみに木造では枠組壁工法(ツーバイフォー)のみですが・・。

大工さんやお施主様にも よく「なぜ千鳥に貼るんですか?」なんて質問を受けますが
単純に「強い」からでw 仕様規定にも記されているからなんですね。

また仕様規定に寄らない場合は個別構造計算にて算定する事になります。

弊社では出来るだけ 軸組造にもこの規定を当てはめる様にしてますが。
※無垢の裏板使用の場合は全くの規格外ですので・・はい。

ただ 法改正で軸組造(在来)にも床下地の釘打ち本数等の仕様が
出て来る様になって来ましたので 近い将来軸組にも規定が出るかもですね。


HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR