忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1297]  [1296]  [1295]  [1294]  [1293]  [1292]  [1291]  [1290]  [1289]  [1288]  [1287
先日とあるFPさんのセミナーに参加した時のお話。
 
ファイナンシャルプランを行う際 住宅の断熱性能別に試算する事も多いとの事で
笑ったのが 結構「なんちゃって等級4」の住宅が多いらしく・・ww
 
なんでも「長期優良住宅」を建てた後 どーにも暖房費試算と実際が合わないと。
 
長期優良住宅と言えば 次世代断熱が義務化されている訳で
「温熱環境:等級4」の最高等級が与えられているハズです。
 
それがどーにも そんな性能が認められないと・・名づけて「なんちゃって等級4」(*≧∀≦)w

 
いぁ 家建てた人にとって笑い事ではありませんね。

 

勘ぐりたくは無いですが 長期優良認定は事前の書類審査のみ。

中身が手を抜いてあったり 施工精度が低かったりしてもチェックは入りません。

 
長期優良住宅に惑わされるな(断熱施工の盲点等々)
 


そう言えば先日雪の舞った朝の画像。
 
こちら 某社にて施工された確か長期優良住宅の屋根。
※内覧会で広告出されてたので覚えていました。
 
 
 
長期優良住宅と言えば 断熱は次世代基準にて等級4のはず。
うーん たぶん天井断熱なんだろうけど 垂木や母屋配置すら判る位残念な雪解けです・・。
 
断熱がシッカリしていれば 軒の出より先に部屋上の積雪が溶ける事はありません。
 
 
と思いつつ 同時刻(数十分のズレありますが)同方角の屋根。
弊社施工K様邸~長期優良は取っていません(7年前の物件なので)
 
 
 
同じ天井断熱ですけど 横丁尺の段差が判るくらい融雪していませんw
 
それだけ内部の熱が逃げていない訳ですね。

 

断熱にも質があるって事です。

 
大切な事なので2度言っておきますよ。
 

断熱は綿密な計画と施工精度がキモなんです。

 
 
ちなみに ↓ 屋根断熱における「不思議な雪解け」がこちら
http://housingeyes.hida-ch.com/e89871.html 【09年の記事です】
 
 
大切な事です。



HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 6 7
14
19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR