忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1287]  [1286]  [1285]  [1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1278]  [1277
エネルギー損失を減らし石油依存度を下げるために、「省エネ基準」が施行されたのが
第二次オイルショックが起こった昭和54年。

その後 平成4年の改正で「新省エネ基準」 平成11年の改正で現行の最高基準である
「次世代省エネ基準」に改正され14年が経ちました。
 

 そして今年 2020年までにすべての新建築物に対し

省エネルギー基準への適合を義務付ける方針が発表され

ようやく省エネ義務化に向けた動きが加速し始めました。

 
 
大枠では次世代省エネ基準(省エネ等級4)が「義務化」される予定で
これはエネルギー問題に対し大きな一歩と言えます。
 
新築でさえ半分に満たないと言われる基準が義務化される訳です。
 
もちろんご存知の通り 弊社では以前より「次世代基準」は最低レベルと考え
コストも絡めた上でポスト次世代を推奨していますが 自己防衛の意味でも大切な視点ですね。
 
今後は数字だけで無く施工精度も問われる様になるでしょう。
 
見せかけの「高断熱」に惑わされないよう致しましょう^^
 
これから家を持とうとお考えの貴方 数年後の基準にすら合致しない家を建てますか?
 
それって資源にとっても お財布にとってもモッタイナイ事ですよ。


HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR