忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1944]  [1943]  [1942]  [1941]  [1940]  [1939]  [1938]  [1937]  [1936]  [1935]  [1934
昨年末 断熱リモデルお引き渡しさせて頂いたクライアント様より
 
「何故この家はヒーターの設定温度が低いのに暖かいんですか?」
 
と嬉しいご質問を頂きました^^
 
以前はヒーター全開にしてたのに寒かったそうです。
 
実はですね 躯体(床・壁・天井)と窓の断熱性能を上げると
仕上げ材の表面温度が上がるんですね。
 
分かり難いですね・・ ↓ざっくり図解がこんな感じ(クリック)
 
 
 
大きな窓を持つ12帖の部屋をエアコンで暖めたシュミレーションです。
 
左が「新省エネ基準」真ん中が「次世代基準」
右が「弊社くらいの性能」だと思って下さい。
 
断熱性能が低いと 投入エネルギーが大きくても
部屋の表面温度が低い事が判ります。
 
エアコンの投入熱量が小さくても 右側の部屋は赤い部分が多いですね。
 
ちなみに真ん中の次世代基準の窓はアルミ樹脂のLOW-Eペアガラス。
右が樹脂製窓のLOW-Eトリプルガラスだと見て下さい。
 
こんな感じで躯体の表面温度が上がるので 暖房の設定温度が低くても
部屋の温度が低くても 温かく感じるわけです。

 
暖かいのにエネルギー使わない(お金掛からない)って楽で良いですよね。
 
断熱には押さえるべきポイントがありますので
ただ断熱工事にお金を掛ければ良いって話ではアリマセンよ^^









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR