忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1979]  [1978]  [1977]  [1976]  [1975]  [1974]  [1973]  [1972]  [1971]  [1970]  [1969
断熱材には色々種類があります。
 
例えば良く充填に使われる繊維系断熱材。
 
素材にはガラス・鉱石・木質・紙質などが一般的。
 
はぃ 気づきましたね。
 
木質や紙質ならイザ知らず ガラスや鉱石に断熱性能なんか無いですよね^^
 
そこなんです。
 
繊維系断熱材は素材は数あれど 実は素材で断熱している訳では無く
繊維同士の隙間に制動空気を保有して初めて断熱材として効力を持ちます。
 
 
 
そして その空気は「細かく」「動かない事」が大前提。
 
だから繊維が細ければ細いほど 細かく交われば交わる程
そして制動空気(動かない)であればある程 断熱性能が高くなる訳です。
 
そんな意味での素材選びと施工精度な訳なんです。
 

ほら ここでも良く言ってる「気流止め」とか「気密」って

こんな所にも効いてくるんですね。

 
なんだかんだ施工精度が大切な事 イメージ頂けますか^^








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR