忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2142]  [2141]  [2140]  [2139]  [2138]  [2137]  [2136]  [2135]  [2134]  [2133]  [2132
某様邸リノベ現場より 下屋のお話。
 
ここでも良く出てきます ↓の丸部分ですね。
 
 
 
こちらで天井組んである部分が その下屋部分。
 
 
 
防湿シート済みの天井に高性能GWが350mm敷き込まれていますが
 
↑コレこのまま内壁貼ると 矢印部分が数センチ程 断熱欠損になります。
 
このままではダメです。。
 
 
【 ブログ:とっても大切な下野の断熱気密収まり 】
 
 
 
なのでもちろん ↓ 室内壁側にも高性能GW120mmを施工。
 
これで連続した断熱層が保持されます。
 
 
上画像二階が乗ってる部分の天井は 下野部分の天井高さと同じなので
 
この状態まで来ると 壁のGW(ピンク)が無くても 欠損は目視できません。
 
※階層間に乗せてるロックウールは あくまで吸音用なので施工は雑です^^
 
 
 
大切な部分は仕上がってからでは見えません。
 
何処まで判って施工しているか?とっても大切な部分ですね。










この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 6 7
14
19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR