忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1882]  [1881]  [1880]  [1879]  [1878]  [1877]  [1876]  [1875]  [1874]  [1873]  [1872
 
乾燥木材による気流止めへの追記です。

 
そもそも ここではお馴染み「気流止め」とは
 
外壁や床・天井など十分に断熱したつもりでも
 
その取り合い部から床下の冷気や非暖房室からの冷気が入り込むと
 
断熱性能の低下を引き起こし 内部結露の原因となる為
 
躯体劣化から守るために壁の上下に気流を止める為に施工する技術の事。
 


↓ 図解すると こゆ事(クリック可)
 
 
 

 
こちらは 以前ちょいとお褒めしたw
「住宅省エネルギー技術施工技術者講習」テキストからの抜粋です【 Facebook 】
 
以下 同テキストより
 
 
1)剛床による気流止め

 
 

 
2)乾燥木材による気流止め(赤い部分が乾燥木材)
※こちらが昨日紹介した手法です

 
 

 
 
3)防湿シートによる気流止め
 

 
 
 
4)防湿フィルム付き繊維断熱材による気流止め
 
 
 


 

暖かく暮らす為の技術ですが 長寿命の為の技術でもある訳です。
 

 

断熱は外壁だけぢゃダメだって事 お判りですよね^^








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR