忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1765]  [1764]  [1763]  [1762]  [1761]  [1760]  [1759]  [1758]  [1757]  [1756]  [1755
昨日は いくつか出張絡めて名古屋で行われた
YKKフォーラム行って来たんですけどね。
 
最近のYKKは「断熱に対して真摯」になって来たなぁと思ってたのですが
経営ハンドリングとして かなり本腰を入れた進化を遂げてきたようです。
 
こんな大きなメーカーが正しいだろう方向に向かう事は
業界全体にも凄い影響力があるんだろうと嬉しくなって来ます。
 
こんなに変われるもんなんだって正直驚きました。
 
いやぁ 大きな所が方向性変えるって凄い事だって改めて。はい。
 
YKKの窓は世界基準に通用するレベルになってます! 
http://eyescode.bijual.com/Date/20150610/ 【ブログ:ガラスと枠】
 
って訳で そのフォーラムでの ちょっとした資料ご紹介。
 
ここでも何度も挙げていますが 室内温度差と疾患死亡率の関係。
 
室内温度差と言えば やはり暖かい地域より
寒い地域の方がリスク高いと思いますよね。
 
でもね
 
寒いはずの北海道より 暖かいはずの九州のほうが疾患リスクは高いんです。

 
 

 
理由は↑書いてある通り 暖かい地域は住宅の断熱化が遅れているから。
 
寒いハズのドイツより 日本の家の方が寒いってのと同じです
http://eyescode.bijual.com/Date/20150529/ 【ブログ:日本の家ドイツの家】


 
では この東海地区(三重・愛知・静岡・岐阜)はどうかと言えば・・ 

東海4県は全国的にも各疾患死亡率が高いのです(汗

 
 
 
死亡場所として病院と自宅がありますが 自宅で倒れて救急車で運ばれ
病院で亡くなった方も病院でのカウントに入るので 両者にあまり意味はありません。
 
温度差による疾患と言えば 心疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患ですが

岐阜県はいずれもベストテンに入っています(滝汗

 
上表のピンク枠が東海4県ですが 東海4県と言えば
そこそこ暖かいけど そこそこ寒いと言う中途半端な地域。
 
よって建物の断熱化が遅れ 実は日本の中でも過酷な室内だったと言う内訳です。
 
暑さ寒さを我慢出来てるうちは良いです。
 
お年召されると 我慢以上にダメージが大きいと言う事実。
 
我慢=美徳ではありませんよ。
 
快適に安価に安全に暮らせる断熱性能は贅沢ではありません。
 
家族の健康の為にも資産の為にも必要不可欠な性能なんです。
 
もちろん無駄にお金掛ければ良いってモノではありません。
 
どこにどれだけのコストを分配するか?その効果は?精度は?と
抑えるべきポイントは多岐にわたります。
 

2020年には 今の推奨断熱性能が最低基準になります。
 
今から家を構うのなら 間違っても最低基準の性能で満足しないで下さい。
 
もう一つ上の基準で安全に快適に財布に優しく暮らしましょうよ^^
 
YKKさんの変化を見て 強く深く思った次第でした。はい。






この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR