忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2486]  [2485]  [2484]  [2483]  [2482]  [2481]  [2480]  [2479]  [2478]  [2477]  [2476

業界紙「新建ハウジング」に面白い記事が。 

と思ったら広告なので微妙ですがww  (クリック可)

 

新潟・五泉市ではメンテナンスコストを抑える為に

公共建築の屋根に瓦を推奨しているとの事。

 

確かに維持費を考えると瓦は非常に有利。

ただ

重い屋根+積雪と言う、中長期荷重が建物に乗る訳で。

 

この五泉市もそうだけど積雪地で、行政の定める積雪量は150㎝

山間部では200㎝らしく ここ飛騨と同等な感じ。

 

重い屋根を載せるだけで、木材の材積は増える事になりますし

重さ分は耐震性能・地盤の強度も上げなくてはイケません。

 

ここでも何度も書いていますが、地震に強い家を考えた場合

真っ先に思いつくのが建物を軽くし、バランス良く壁を強くする事。

 

それを踏まえて この瓦を乗せた木造校舎。

 



木製の外壁も感じ良いですねぃ。

 

ただ

 

一階部分、壁量が全く足りません。

 

「耐震等級1」がギリギリ位かと思います。

 

となると平常時はもちろん、雪を乗せた冬季に大きな地震が来ると・・

 

メンテナンス費用を落とせたとしても
肝心の建物が倒壊したら元も子もありません。

 

いぇ 瓦がダメだと言ってる訳ではありませんよ。

 

重い屋根を乗せた場合、その分補強を行えば良いわけですから。

 

物事は一面では無く、多角的に検討したいモノです。





この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
4 6
7 11 13
14 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR