忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2445]  [2444]  [2443]  [2442]  [2441]  [2440]  [2439]  [2438]  [2437]  [2436]  [2435
ここでは良く取り上げますが^^
 
正しい断熱&気密が取れた住宅は氷柱(ツララ)が出来憎いのです。
 
※出来ない訳ではありませんよ。出来にくいだけですw


分かり易い図解がこちら(クリック可)
 
 
室蘭大学・鎌田教授による氷堤への解説:新住協HPより
 

室内漏れ気(暖気)が屋根に当たってしまう事で 氷塊が出来
ツララが成長してしまう事になります。
実際 1度あれば雪は溶けますからね。

気になったら その辺に建つ熱源が無いだろう小屋の屋根と
近くの住宅の屋根を見比べてください。
 
なんとなく分かると思います^^
 
そこを踏まえて つい先日の画像。
 
↓こちら 向かって右側のおうちが昨年お引渡ししたI様邸
 
 
 
左隣も昨年完成したおうち。 ハウスメーカーさんの最新作です。
 
ちょっと遠いので判りにくいですが 同じ北側からの見た目
両邸の違いが見て取れます。
 
まずは最初に向かって左のおうち 屋根のアップ。
 
 
 
飛騨ではよく見る光景ですね。
 
屋根から迫り出した雪の先が氷塊となり ツララも下がっています。
 
 
一方お隣のハウジングアイズ。
 
 
 
ピロン ♪ と 一本ツララが出てるだけw
 
良く見たら これは雨樋が凍り 雨樋の内側から出ていたモノでした。
 同じ時期に建てた 同じ方向での差異です。
ちなみに お隣さんは分かりませんが
 
こちらの I様邸 床下FFヒーター1台で全館ゆる暖房。
2階も十二分に暖かい状態です。


普通に考えると 暖気は上に逃げますよね。
 
いぇ お隣さんを悪く言ってるつもりは全くありません。
ハウスメーカーさんですから当然 断熱等級は最高等級でしょう。
 
 
お伝えしたい事 解りますよね(笑



アディ押忍








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
3
5 9
12 14 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR