忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2274]  [2273]  [2272]  [2271]  [2270]  [2269]  [2268]  [2267]  [2266]  [2265]  [2264
昔から個人的には外壁構面は常に
面材で耐力を担保し 筋交いは使いません。

何故か。
こちら 某様邸リモデル現場。
両筋交いが入ってますね。




30✕90の両タスキなので「壁倍率3」となります。
それは良いのですが
筋交い部分には隙間が出るだけで無く
↓ ここへ丁寧に断熱施工する事は結構な手間と時間が掛かります。




現場発泡の断熱材で綺麗に吹かれたとしても(仮)
木材部分が計算に乗らない「断熱欠損」になりますよね。

筋交いは構造的にOK!でも断熱的にOUT!と言う判断です。

もちろん基準法的には不適格では無いので 違法ではありませんよ^^
てか この現場で躊躇したのが・・




え・・壁内に鉄管・・まさかのガス管ですか(汗
鉄管なので そのまま熱損部になります(滝汗
つか 防水も・・うぅ。
と思ったら

エアコン配管まで・・温水配管まで無造作に・・あぅ




えぇ 外部には配管出ないので外観の見た目は良いとは思うのですが。
はぃ 気を使いまくって「断熱&防湿作業」を行ないましたよw

出来るだけ壁内はスッキリしたいモノです。

話はズレましたが 外壁に筋交いを使わない理由でした。

アディ押忍。





この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
4 6
7 11 12
14 19
23 24
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR