忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1894]  [1893]  [1892]  [1891]  [1890]  [1889]  [1888]  [1887]  [1886]  [1885]  [1884
ケンプラッツさんに衝撃の記事。
 
衝撃と言いつつ・・実はアリガチな施工ミス(-_-;)
 
 
記事にもありますが 面材を多用し 軒の出がなく バルコニーを
複数持つなど雨仕舞いが難しいデザインの住宅で
防水施工がいい加減だと数年で深刻な事態になると。
 
まさにアリガチ。

 
防水は「水を入れない」事を大前提に「万が一入った場合にどう抜くか」
「どう躯体を守るか」を何重にも対策しておく事が必須です。
 

目に見えない部分ですが 建物の長寿命化には大切なファクトです。
 

下記事例はケンプラッツさんより
 
 


 
左上(図のAに該当)は仕上げ材を剥がす前の状態。
縦に長いクラックが発生していた。OSBが雨水を吸収して膨らんだためだ。
 
右下(図のBに該当)はぼろぼろに腐っていた外壁の出隅の柱。
雨水は、バルコニーのパラペットと、その近くにある
縦樋のつかみ金物を固定するクギまわりからそれぞれ浸入していた
 
 
 
↓こちら構造面材を設置する前に窓を付けています。やれやれ。




 
こーゆー事 平気で出来る会社は下屋との垂直取り合い部なんかも
面材設置の前に屋根を作ってしまいます。
 
梁~梁まで的確に貼り繋げないと壁の強度は成り立ちません。
 
そうなると防水の前に耐震にまで疑問が湧きます。

 
 
 

弊社は面材での耐震だから強いんです!

 

弊社はベタ基礎だから強いんです!

 

そんな免罪符はありませんよ。








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR