忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1285]  [1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1278]  [1277]  [1276]  [1275
家って地震だけで無く 外圧としては常に風力にも耐えています。
 
そこにも耐力壁が有効に働くわけです。
 
風圧力は「はり間方向」「けた行方向」にて異なる為
各階事に それぞれについて必要耐力壁量を求める事が必要なんですね。
 
あくまで規定計算と捉えてください。
許容応力度計算や限界耐力計算による場合は この計算の限りではありません。
 
 
 
必要壁量=見付面積(㎡)×区域別壁量(※飛騨の場合は0.5m/㎡)≒必要壁量
 
 このプランって 風力に対する壁量足りてますか?
フロアがスキップした場合はどうなるんですか?

工務店選びには そんな質問も効力ありますよ きっとw
 
 
HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR