忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1208]  [1207]  [1206]  [1205]  [1204]  [1203]  [1202]  [1201]  [1200]  [1199]  [1198
画像は英国のB&B ( Bed & Breakfast ) 古そうに見えますが
英国では築300年越えの現役建物も珍しく無い訳で。

以前泊まったB&B も、築200年越えだったけど一歩中に入ると
Bath や Kitchen は最新仕様。窓だって樹脂製でペアガラスが当たり前だったり。

130809.jpg

そう、建物が古いだけで住宅性能は新築と大差無いって事。

スクラップ&ビルドでは無い、そんな建物を住み継いでいく事が
文化の継承と併せ、持続可能な暮らしを育むのでは無いかなと。

日本で古民家って言うと「風情」は良いけど「暗い」「寒い」ってイメージになるよね。

「古民家再生」なんて聞こえは良いけど、まず再生としては
建物の基本性能を上げる事を大前提にしないと本末転倒。

グリーンな思想ありきの建物保全が引いては
町並みやコミュニティの保全に繋がるんだと思います。

スケルトン(構造)・インフィル(内装/設備)分離な考え方も答えの一つですね。


HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE




この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 6 7
14
19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR