忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179
長期優良住宅に限らず フラットや性能表示など断熱性能に対し
最高等級を求める中には もちろん開口部の基準も存在する。

寒冷地(Ⅰ~Ⅱ地域)にて 最高等級として開口部に求められる
【 熱貫流率(W/㎡・K) 】は全方位に対し 2.33W/㎡・K以下。

窓枠に求められる性能は一重とした場合だと 木製またはプラスチック製。
もしくは 木orプラスチックと金属の複合構造となり

ガラス部分は三層複層か もしくは低放射性層を持った複層となる。
低放射性とは最近ようやく聞く様になった「LOW-E」に分類されるタイプ。

この辺 冬季の「日射取得」「日射遮断率」等で異論はあるんだけど今回はスルー。

まずは開口部周り「弊社の標準ディティール」を見て頂こう。
こちら先日の構造見学会の現場 履き出しサッシュが設置される部分。

100210.JPG

ディテール的には室内側より 構造用合板(躯体) → 断熱下地 → 付加断熱 → 水切り
→ 透湿防水シート → 通気層 → 仕上げ となるんだけど画像は通気層設置前の段階。

透湿防水シート(USA・Dupont社タイベック)は 3mモノとし漏水の危険を減らしてるんだけど
そちらは室内に巻き込み 室内のべパーバリアと連続させます。

そして窓台部分には 二重の防水として「アスファルトシート」をブチルテープ留め。

万が一サッシュ部分から漏水があった場合 躯体に曝す事無く外部へ排出する為です

いやぁ 日本のサッシュは漏水なんてしないから大丈夫だよ。
ykk1.jpg
うん確かに。

でも危険度は減るだけでゼロって
事は無い。

また右図が今回採用したプラスチックと
アルミの複合サッシュの断面。

一応 外部のアルミと内部のアルミの
結合部には「熱橋防止」として
断熱樹脂で離隔されています。

ただ アルミの熱伝導率は高くλ=200W/mK。

通常のアルミ製品と比べれば雲泥の差ではあるんだけど 使用状況によっては
結露の危険は否めない。

例えば こちら先日の構造見学会の現場にて1日 開放型ストーブ
燃焼させて居た時 建物北側に設置した複合サッシュで夕方の様子。

100210-2.jpg

クリックで大きくなりますが ガラスはもちろん枠のアルミ部分で
結露が発生し水が流れているのが判りますね。

上のサッシュ断面図と見比べて確認してみて下さい。
樹脂部分とアルミ部分が同色なので見辛くってすいません ,,orz

灯油は主に水素と炭素の混合物なので 燃焼させると水素分が「水」に変換します。
ざっと1Lの灯油を燃焼させると 1L弱の水分を放出する事に

開口部を構成する部材が「露点」以下になれば やはり結露を生じるのです。

「断熱気密工事」が途中と言う事もありますが 灯油の燃焼だけで無く
見学会との事で何人も出入りし 人からの水分放出に併せ
室温が上がらなければ(結構暖かかったですが・笑)飽和水蒸気量は下がり
温度の低い部分で やはり結露してしまいます。

え!?長期優良で認定された「最高等級」のサッシュ使っても結露するの!??

はい。        ただし条件が揃えばの話です。


ちと長くなったので 続きは明日(笑



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR