忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2540]  [2539]  [2538]  [2537]  [2536]  [2535]  [2534]  [2533]  [2532]  [2531]  [2530

 あっ すいません。お邪魔しています(汗

 

 

 

某様邸階段より番猫さま登場ww 

踏板はオーク材・手摺子やモールはヘム材にて構成してあります。

 

そうそう、階段と言えば自社基準と言いますか

気を付けている事に各部寸法があります。

 

例えば「フラット35」のバリアフリー基準には階段寸法として

踏面(T)と蹴上(R)の関係550mmT+2R650mmが明記ありで。

 

 

 

踏面とか蹴上とは ↓ 下図の赤線部分。

 

 

 

蹴上を低く踏面を深くすると、どうしても階段面積が増えていきます。

それでも「安全」とか「動きやすさ」を考えると

ある程度のユッタリ感は必要だと考えてまして。

 

ちなみにハウスメーカーも含め新築で一番多い寸法としては

踏面227.5mm・蹴上207mmの辺ですが

その寸法ですと 既出のフラット35基準にもギリギリ通ります。

 

 

その一般的なサイズだと正直登りにくいかなってのが個人的意見でしてw

 

アイズ基準としては 踏面240mm以上・蹴上190mm以下を想定しています。

 

ほんの小さな事なんですけどね・・設計側としては結構な縛りなんですよ(爆

 

でもまぁ 上り下りは毎日の事ですので楽な方が良いすよね^^

 

 

 

あっ 用は済みましたので帰りますってば(汗



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
4 6
7 11 13
14
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR