忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1422]  [1421]  [1420]  [1419]  [1418]  [1417]  [1416]  [1415]  [1414]  [1413]  [1412
階段の下 中途半端な高さだったり奥行きだったりで
もうちょっと有効活用したいとか思った事ありませんか。
 
例えばこちら Y様邸。
 
リビング階段のリビング側は壁手摺を上げて見えにくくしてありますが
段々が付いた壁の向こうが普通に階段です。
 
 
 
リビング側の手摺壁は壁厚を利用したニッチとしてTVを掛けます
 
TVの厚みが隠れますね。その下はDVDやTVゲームなんかの定位置。
 
その反対側は収納になってまして両側から使えます。
 
そして半分出てる山形のスライド収納は 両側から使える様にして
双方奥行きも変えてあります。
 
こちらは新聞や本の収納 反対側は文房具みたいな。
 
これだけでもチェスト2台分くらいの収納量は楽勝あります。
 
となると その分リビングが広く使える訳に^^
 
コストや動線・掃除等々を考え天秤に掛けてみるのも良いかもですね。







この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR