忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1649]  [1648]  [1647]  [1646]  [1645]  [1644]  [1643]  [1642]  [1641]  [1640]  [1639
つい先日の某様邸 結構積もってます。
 
弊社の家はキホン雪止めを設ける場合は 2m積雪にて構造構築していますので
これくらい全く問題ないですが耐雪2mの荷重ってどの位?って思いますよね。
 
 
 
計算は積雪単位荷重として「積雪量1cm毎に30N/㎡」を基準にしますので
2m積雪でKg換算だと 1平方メートルに対し611Kgの荷重を満足させる事が必要。
 
ザックリ畳半分のスペースに デラックスなマツコ氏4人以上って事です。 
 
畳半分に彼女(彼?)4人強ですよ 結構スゴイでしょww
 

ただし

 
柱だけで支えている所は 鉛直荷重には十分以上持ちますが
その荷重が掛かった所に大きな地震が来たら「不味い」とも言えます。

 
やはり地震には「軽い屋根」と「軽い壁」が一番効きます。
 
重心は低く・壁は堅牢に~が基本ですね。
 
 
 
画像は外壁メーカーKMEWより
 

実際は最初の画像位の雪で どうと言う事は無いのですが
やはり転ばぬ先の杖です。雪下ろしして頂きました。
 
 
 

もちろん下屋のみ。母屋は一度も下ろしてませんよ。
 
てか 大屋根にツララすら無いでしょ^^ (謎
 

毎年降る雪に対し安全な冬~大切な観点ですね。

 
 
 
関連一言:折れる柱~実は効いている化粧的横架材~
この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR