忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1805]  [1804]  [1803]  [1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795
ここ最近のYKKさんの変貌ぶりには目を見張るモノがあります。
 
もちろん良い意味で。
 
大手企業が方向転換してくれると 業界全体が引っ張られる感じで
正しい「断熱」と言う考え方が市民権を持つ日も近いかなって。
 
でも 
 
これはイタダケナイww
 
 
 
 
「ローエネで暮らそう」として風を取り入れる考え方です。
 

それは良いです。むしろ賛成です。

 
でも 上図みたいな感じで「まず風の通り道の確保」を
主軸に考えてしまうと 実は暮らしにくい事になります。
 
「風」で涼しく暮らせるのは 春と秋くらい。
 
猛暑だった つい最近を思い出せば判る事ですが
体温と変わらない様な風を家の中に入れても暑いだけです。
 
ローエネで暮らす為には まず日射の遮断・開口部の断熱が先です。
 
多少の冷房も悪ではありません。

 風と一緒に夏季の日射を積極的に入れたら本末転倒。

十分な外皮性能と日射熱を意識した上で 風の通り道を考えたいモノです。
 
 

ついでにもうひとつw
 
新しいアイテムとして「キューブシェード」と言う窓まわり商品
 
 
 
 

バラバラの窓をまとめて統一感を出しましょう的なアイテムなのですが
 
まぁ・・確かにまとまる事はまとまりますかw
 
シンメトリーはデザインの基本です^^
 
 
と言う事を提案しておきながらーの・・・
 
 
 
 

いぁ 斬新すぎでダメ凸ww

 
こんな自己満足なデザインは一世代で壊される運命です。
 

街の印象は住宅で決まりますからね。


住宅の外観って大切です。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
8 10
15 16
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR