忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1]  [2]  [3]  [4
101008.jpg日本でブリックと言うとタイル。
「貼るモノ」と言う印象になるのかも知れない。
 
ただ タイルを外壁に貼る仕上げって
日本以外では見受けられないのも事実。
 
でも本当は右図上の様なボックス型をしていて
右図下の様に一個一個積み上げていくんですね。
 
当然耐用年数も優に100年は超えます。
「画像は某さま邸施工現場」
 
【 今日のヒトコト 】
 
まぁそれでもコストの事もあるし ボックスブリック以外は
イケマセンなんて言ってる訳ではありません

ただね 積むのでは無く薄物を貼るにしても
根底にあるデザインだけは通そうよ。 と。

特にフェイクなんかだと余計気を使ったりする部分。
あ そそ。ディズニーランドなんかのコンクリート造形は丁寧なデザインと仕事ですよう。
 
そんなこんなで最近 気になって仕方ないのが「めざましTV・マストキジ」コーナーの
スタジオセット。 なぜブリックを意味不明なラインで見切る・・その上開口と見切る・・。
 
 101008-1.jpg
 
タイル=貼るって意識だから出来る芸当で ブリックは積むモノって意識があれば 
こんなデザイン無理なこと容易に想像できそうなものです。
 
ついでに もひとつ言うと「特ダネ」のセットもね・・。 
下記画像:丸印部分・・そんな収まり有り得ません。
 
101008-2.jpg
 
無理矢理でもそうしたいなら あえてコラムだけでも太くして
アーチを呑み込む様なデザインにしないとダメ。
 
なんて・・まぁ大道具さんがそんな意識あるハズは無く
もちろんそんなの求めませんが 日本ならではの常識に ある朝の憂鬱でした。はは^^
 
いや・・あ・・あのですねこんなエントリ・・単にシャレですから(汗 
朝からこんな事ホンキで突っ込んでたら激しく精神病患者だし・・・惹かないでww

建築デザインって奥が深くって面白いでしょ^^  ・・だから惹かないでってww

 
011008061712522454.pngこんにちはTVCM 評論家オカダーです。←なんだそれ。

っていー加減 CM つっこみカテゴリーでも作ったれよ状態の今回は
UFO味って普通にUFOぢゃん・・の湖池屋ポテトチップス新作CMです。

イモについて語るお二人のバックには ダブテイルだろうログハウスが。

100917.jpg

ダブテイル「だろう」ってのがミソでノッチ部分が映っていません。 
まさかのP&Bでも無いだろうし たぶんスタジオセットなのでしょう。窓とログの収まりも微妙。

ちなみに本来のダブテイルでの角ノッチは セトリング等加味する事が難しく
そこらの「木が好き」なんてだけのログ屋が手を出すと いきなりログの洗礼を受けます(笑
北米では良く目にする収まりですが 日本では認可されていないしね。

まぁ そんな事はどーでも良いとして。

でもなんだかんだ 大道具としては結構頑張ってあります。
コーディネイトした方 お好きな事がヒシヒシと伝わってきますからご安心を^^

ただね ログの事は置いといても窓がちょっと・・。

画像で判る通り オーニング窓が内側に開いています。    残念。

基本 オーニングが内側に開くと 雨なんか室内に入りやすくなりますし
網戸もつけにくい。またCMが狙いたい時代背景からしても
内側に開くオーニング思想は存在しないと思うのですが如何でしょう。

せっかく洒落たチョイスなのに 惜しいぞっコイケヤさん^^
あ・・ しーっ!ジャガイモにはまだ言ってないから・・内緒だよ(謎


そんな事より・・こんな贅沢なログ創りたい(願  だれか・・おねがいww ←結果そこか。


久しぶりに「赤毛のアン」ネタ。

アンが住んでる「グリーンゲイブルズ」の外壁って
ラップ(下見張り)だと思ったでしょ。
 

実はね シェイクなんだよ。  ほら。

 
 100812.jpg
 

↓ Tさま邸で言うトコの この外壁材を「白」に塗ってあるんだね。
 

 100812-1.JPG
 

プリンスエドワード島にあるグリーンゲイブルズも
忠実にシェイク使ってあるんだよ。
 
アンフリークな永遠の少女な貴方 ♡ ためになったでしょ(笑 

 
とりあえず 個人的には

グリーンゲーブルズは アニメ版のカバードポーチが付いてるStyleがが好きかな。




 

 
すっすっすっごぃわぁーな「二段熟カレー」のCM。

パステルなキッチンが気になって見てるんだけど なーんかバランス悪いなと。

パネリング使った木製キッチンなのに カウンターが人工大理石だからか?
冷蔵庫置くスペースとかも無いし 撮影セットなのは判るんだけどねぃ。

100531.jpg

うーん 装飾品は悪くないんだけど 窓の高さが違和感あるなと。

なんて別バージョンのCM見ると ちゃんと窓上にアッパーキャビも付いてるぢゃん。
そぅなると窓上の間延びした空間も フックホルダー用と考えればアリか。なるほど。

100531-1.jpg

よくよく見れば 窓は木製だしカウンターもキラキラモザイクタイルだった。
ほほぅ 無造作に吊るされた レースカーテン周りも雰囲気出てる。

100531-2.jpg

いやん 結構作りこんであるやーん^^

そんな訳でパステルカラーも上手く使えば 気取らないカントリーを演出できるって事。
あとは奥様のエッセンスが効いてくるんだね。

すっすっすっごぃわぁー(笑      ・・って訳でカレーはハウスww

100529.jpg「赤毛のアン」 ご存知ですよね。

うちのクライアント様でも 大好きな方多いですが
やっぱキーワードは「グリーンゲイブルズ」。

直訳すると「緑の切妻の家」ってなりますが 家の中では
いつも マリラが椅子に座って裁縫をしてます。

そんな家に アンが心を痛めて帰って来た時も
マリラは言葉を掛けず そっと見守る。

誰も口には出さないけど 家人の想いは伝わって。

そして小屋裏のドーマー窓からは いつもアンが空想をめぐらす。そんな間取りの家です。

ちなみに画像はプリンスエドワード島にある 本物のアンの家。
実はワタクシ 本物見た事あります^^

いぁ 小説なんだから本物って表現も可笑しいですけどね(爆

このグリーンゲイブルズ 物語の数だけ色々なスタイルを持ってたって知ってました?

100529-1.jpg 個人的には アニメ版の家が好きかな。

 動画から取ったので判り辛いですが
 本物には無いカバードポーチ付いてるでしょ^^

 木々と花に囲まれたグリーンゲイブルズも素敵です。

 途中まで 宮﨑駿アニメだったのさ。 いーハズだ

100529-2.jpgはいこれ。

劇場版クレジットだけど
ちゃんとカバードポーチも付いてるね。

ドーマーと屋根のバランスも良いす。

さりげなく付いた ポーチの手すりもGoodJob。

そうさのう。

って訳で根強いファンも多い このグリーンゲイブルズ。

アンの家をモチーフにした おうちは何件か創らせてもらった事あるけど 例えばこの下の おうち。

100529-3.jpg 妻壁のグリーン部分をフィッシュスケール
 (FishScale:うろこ模様)にアレンジ。

 どぅ?ベヴェルサイディング(下見板張)との
 相性も良いでしょ。んー自画自賛的グレィツw
 もちろんグリーンのシャッターもキッカり定位置に。

 家って 家族を表現する最も大きなファッション。

 もっと普遍的メルヘンに楽しめっww




昨日に引き続き「アルプスの少女ハイジ」ネタ^^
 
本日はドイツ・フランクフルトにある「クララ」の生家。
 
ロッテンマイヤーさんとかセバスチャン(って名前だっけか?)
なんて言う使用人が居る位の富豪さんの家です。
 
今でも残っているけど フランクフルト近辺の建物は殆どが石積造だったの。
 
だから 柱と梁で構成される日本の建物と異なり
開口部を横に大きく取る事は至難の業。
 
日本の建築が「壁=建具」だったのに対し 西洋の石造は
「壁をくり貫いた穴=窓」であった為 日本建築の開口部が横に伸びたのに対し
西洋で開口は縦へ伸びたと言う背景なのだ。
 
 100111.jpg
 
そこで上画像 開口部の上がアーチになってるでしょ。
 
石積造に開口を作るための施工方法としては2種類。
 
石積みを行いながら開口部分に土を練り込み 後からその土を取り除く手法と
上部をアーチ型に組んで 鉛直荷重を横の壁に逃がす方法。
もちろん併せ技もあったけど クララの家は後者かなと。
 
だからディティールとしては アーチの要石(キーストーン)って大切なのさ。
 
あと上画像で気になるのに 窓台にプランター置いてあるでしょ。
 
石造ならではの壁の厚みを利用して 窓をセットバックして付けて
その厚みにプランター&生花を育ててたわけだ。
 
となると 外開きの窓ぢゃ開かないよね(笑
 
だからホラ ちゃんと内開き。
 
 100111-1.jpg
 
窓台にお花置いてるのが解るよね。
今でも欧米の建具に内開きが多いのは こんな名残りでもある訳で。
 
またゼラニウムには嫌虫効果があるって事で 窓周りに重宝されるのは
(その効果は不明だけど・笑)この時代の名残だったり。 
 
ただコレ 網戸も無かった時代だから良いけど 内開きの窓に網戸付けようと思うと
どーしても網戸は外開きになっちゃうから 今度は窓下にプランター置ける様に
「フラワーボックス」なんてアイテムも登場したんだね。
 
もちろん上げ下げ窓だって同様。
 
この辺知ってると可笑しなイタタ洋風住宅のウソが見えて来ますぞ(笑
 
でもってコレが クララさんちのキッチン。
 
 100111-2.jpg
 
天井高っ^^
 
今でも良くインテリアアイテムとして 皿を壁に飾ったりするけど
この当時は普段使いの皿は こーやって壁に置いてたんだ。
 
今でこそ装飾だけど この時代は実用だったんだね。
 
デザインには全て 背景や意味があるって事す。
 
あとね ちらっと右に映ってるのが 当時のカマド。
いわゆる開放型の薪オーブンね。フードまで付いてるのが素敵。
 
また水道も無かった時代なのに その横には水タンクがあって
この家では そこに水貯めてポンプで水を使ってたの。
 
さすが お金持ちクララさんの家って感じっす。
でもそこまで描かれてる このTVアニメってww
 
別にあたしゃアニメヲタクって訳ぢゃ無いけど 結構楽しめるでしょ。
どですか「アルプスの少女ハイジ」 もっかい見たくなりませんか(笑
 
そんなこんなで 宮崎アニメ恐るべし^^
 
ってこれ 語りだすと止まらないので(爆
やはり正しいディテールは寿命が長いって事で はぃ。
 


ども 日本で作られた映画やCMに映る外国風景とか
イカにも なんとなくナンチャッテ雰囲気で作りました的な
建物の「収め」にばかり目が行ってしまう者ですが何か。

と言いつつ 日本のアニメは最近凄い。
特に宮崎アニメ(ジプリ)の細かな建物描写は定評がある所。

って 宮崎アニメの凄いトコは 何も最近になって拘った訳で無く
実は結構昔から「コダワリ」のアニメだったのだ。

例えば「アルプスの少女ハイジ」

知らないヒトは居ないよね^^

宮崎さんが まだジプリを興す前の作品ながら 全カットの場面設定・
画面構成を指揮していただけあって そのコダワリには目を見張るモノがある。

たとえば「クララ」がスイスの山小屋に来た時のワンカット。

100110.jpg

①=木製の屋根葺き材の断面まで描かれてたり
②=母屋もちゃんと描写があったり
③=丸窓枠 木材を繋げて丸くしてるの判るでしょ
④=開口マグサが框として柱で支えられていたり
⑤=釘まで描いてある

~と ほんの数秒のワンカットにも関わらず ここまで描写があったりするのだ。

③の丸窓の枠なんて 樽を作る技術で丸く作ってたんだけど
そこまでちゃんと再現してあるなんて涙モノ。

あとね このオンジの山小屋「石積造」と「ログ」のハーフ構造なんだけど
(もち今もあるけど 当時のスイスではスタンダード)
1階が石造だから基礎なんか見えるハズも無く。

100110-1.jpg

壁に塗った漆喰が剥がれてる感じなんて憎いけど
それでも開口部(ドア)の下には框として 木材がちゃんと描かれている訳で。

このカットぢゃ解らないけど 奥の窓にパインシャッター(鎧戸)付いてるでしょ。
そのシャッター開くために 窓はちゃんと内開き。

内部のカットぢゃ しっかり石造の壁の厚みまで押さえてあるのだ。

そそ 内部と言えば山小屋の食品庫。

100110-2.jpg

壁の厚みを利用して棚になってるんだけど

①=ばっちり鉄製フロントヒンジもあったりして。
②=その押さえとして扉の裏にも 鉄製プレートが。

うーん 通常は扉裏プレートは木製なんだけど
それだと厚くて内部の棚に干渉するから鉄製にしてあるのかな。

当時の鉄価格を思えば 結構頑張ってる。
もしかしたら「オンジ」は家建てる時 すげーコダワッタのかなとか(笑

とりあえず

「アルプスの少女ハイジ」ってば 1974年のたかだかTVアニメだよ。
74年って言えば 36年前だ。

TVアニメって事で 予算だって限られていただろうに ここまで拘っている。
今見ても感動出来るって凄い事だなって^^

このシナリオ当時の生活習慣とか思いながら「ハイジ」見返すのも楽しいかもですぞ(笑

宮崎駿先生!尊敬いたしますです!

正しいディテールを押さえたモノの寿命は長い。うんうん。

TVとか映画とか見てると どーしても建物に目が行くのは職業病だろうか(笑
 
そんな鬱野郎が最近気になってるのが スバル「レガシィ」のCM。
ロバートデニーロさんが どっかのストアで手紙を出してるコマーシャル。
 
屋根の収まり見るとティンバー造ぽぃなと。
Southern Colonial Styleな カバードポーチが付いたストア。
 
 subaru.jpg
 
フロアラインからするとBaceMent(地下室)付きの平屋建て。
察するに北米でも内陸部から東側って感じ。
 
 subaru2.jpg
 
階段の収まりとか手摺りの感じとか 雰囲気あって良いねって。
アクセントカラーのバランスもデザインと上手く調和している。
 
さりげなく置かれたデッキチェアも メールボックスも良い感じ^^
 
あ いぁ 本物なんだから当たり前かww  つかレガシィのCMだって(笑

最近ぢゃ日本の陶器メーカーのCMも小洒落て来た。

トイレ=はばかり なんてイメージは微塵も感じない。

それはそれで良い事だと思う。

思うんだけど ↓ INAXさんのイメージフォト。

INAX.jpg

目の前に広がる砂浜そして海 真っ青な空。
もちろんバスタブからも そんな風景を切り取れる。

もぅピクチャーウィンドゥと言うより ピクチャーウォール。

快適なパウダールームぢゃ。うっひゃっひゃ。

アリとは思うけど・・ そぅそぅのんびり用も足してられない様な。

いかん グローバルナイズドされてるワタシ的には こんな環境なら特に
波間で遊ぶおねぃちゃん達を横目に あくまでダンディに それで居て普通に用を足さねば(爆

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
4 6
7 11 13
14 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR