忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
 うちでも数年前からやってる空き家バンク。
 

あまり簡単では無い案件も出て来ますが
やはり管理されない建物は 思いの外朽ちていく事も早く(涙

 
そんな中 典型的なご依頼をご紹介。
 
こちら街中にて 数十年お住まいで無い住宅。
 
当該自治体より是正命令が届きました(クリック可)
 
 


 
突然の難しい文章通達にて 焦ってご相談にみえたのですが
 
簡単に言うと 倒れたアンテナ直しなさいと。
 
直せないなら「空き家特措法」で固定資産税の優遇無くしちゃうぜBaby!

って行政からのお願いです。

 

そりゃ こんな文章が突然送られてくれば驚きますよね。
 

 
でも
 

 
空き家に行政がメスを入れられる様になったと言う事です。
 
 

でも
 

 
あまり楽しい話ではありません。
 
 

 
でも
 
 
 

空き家は何も産みません。
 
 

 
すこし前向きに考えてみる事も得策かも知れません。
 
 
 
 

 
 
アディ押忍






厚生労働省は国民が1年間に使った医療費の総額を示す国民医療費が
前年度2.0%増の84兆8084億円で過去最高と発表。
 
国民所得に対する国民医療費比率は9.90%。約一割。
 
65歳以上が54.6%を占め1人当たりだと65歳以上が67万3400円で
65歳未満15万8900円の約4倍となっている。
 
厚労省の分析によると技術進歩による押し上げが1.5%
高齢化による押し上げ分が1.3%だと言う。
この問題ね人口分布を考えれば当たり前の事で「ねじれ」で
だらだら国会運営している場合では無いと思う。
 
まずは国民全体で高齢者(もしくは弱者)を負担するって言う
社会的パラダイムが必要かと。
 
たとえば人口分布図
 
g0402.gif
 資料:総務省・統計局 ※クリックで大きくなります
 
現在医療費を多く使っていると言う65歳以上層の下に
もうひとつ大きなピラミッドがある。
 
第二次ベビーブームと言われる層だけど その層が高齢化した場合
確実に支える層が足らない事が判るが 今のままなら日本は20年後に終わる
 
今の40歳前後層の話だから すぐ近未来の話。
 
年を取って病気になったら困るから貯金する。そして死ぬまで使えない。
そうでは無く 年をとっても安心して暮らせる社会さえあれば
やっきになって貯金する必要も無くなり お金は流通する事になるだろう。
 
極端に北欧型の重課税による社会インフラを目指すとかそう言う話では無く
日本もそろそろホンキで 社会コストのしくみそのものを俯瞰して考えるべきかと
 
そんな議論すら無い政治に憤り。もーね国会見てるとイライラしちゃってね・・・。
 
そんなんも含めて安心でお金の掛からない資産としての「家」を持ってると?
ほらね 繋がってきたでしょ。 

 
今週日曜日 7月11日は参議院議員選挙ですね。
劇的な政権交代から一年 初めての選挙です。
 
・・なハズなのですが どーも争点が無いと冷め気味の世論。
今回の選挙の争点は何故か「消費税」とまで言われだし もぅ何が何だか。
 
ですが
 
今回の選挙は参院与党が民主党で良いのか?と言う大切な審判となります
 
来るべき参議院で民主党が過半数を取れば 衆参併せて
民主党の政策がストレートに通る事になる訳で。
 
そのスピードを良しとするのか 時間は掛かっても深く審議出来る
国会の場を提供するのか。~と今後の国会運営を大きく左右する選挙です。
 
何故かマニフェストに挙がっていない民主党の「外国人参政権」や「夫婦別姓」等々も併せ
それらを今後どう考えるかと言う事になるのでしょう。
 
判らないからって参加しないで 後から政治が悪いだのなんだのって理屈は通りません。
無投票は自己思考力の放棄です。YESならYES NOならNOの民意を投函しませぅ。
 
って訳で今度の日曜日は「選挙に行きましょ」
 
しかしまぁ再び一番に!とかって言いながら その座から降としたのは誰なん?とか
埋蔵金の話は何処行った?とか半年でマニフェスト替えるのは合法なの?とか
各党 政策で比べたいのに詳しい比較は自分で調べなきゃって可笑しいよなぁなんて
考え出すとなかなか簡単な選択ではありませんけどね(笑
 
てか早く正常化してくれないと またしても国土省関連の施策バタバタすんだってば。

 
Twiterで教えてもらいましたよ。
蓮舫大臣著書「一番じゃなきゃダメですか?」がPHPより発売されました。
 
なんちゅーダイレクトインパクト爆弾なタイトルだww 
と言いつつPHPさんも太っ腹。上記URLから18日20時までPDFで全文読めるとの事です。
 
だぁーっとナナメ読みしましたが 偏ったメディアの一旦が垣間見れます。
支持政党云々はヌキにしてフラットに読めるかなって。 なかなか面白いですぞ。 お早めに。
鳩山政権の一番の功績と言えば 消費税論は避けては通れないって事
国民に広く周知させて事なのかもしれないなって。
 
バラマキと比喩された国政サービスの無謀さと その財源そして歳出カット。
 
下図は 財務省発表の主要税目の税収(一般会計分)の推移。
 
 100610.jpg
 
 
悲しい位法人税が減っているのは 言うまでも無くリーマン・ショック。
そして この表一見して判るのは消費税の推移は景気に左右されにくいって事。
 
安定した財源を見込むなら やはり消費税に頼らざるを得ない。
 
そろそろ国民も人事では無い事を認識しなきゃですね。
 
って2000万円の家建てると 税率10%なら消費税だけで200万円ですぞ(涙
 
実際 固定資産税や不動産取得税を取る住宅に対し消費税課税は
二重取りで意味判らんけど。その辺は見直して頂きたいトコロではある。
 
ところで事業仕分けで検討とか廃止が決まった案件って その後どぅなったんだろう。

えらぃショッキングなタイトルだけど「自民党」の話

自民党が下野した今後のボトルネックは「金」らしぃ。

「貸し剥がし倒産」の危機【AERA】

これまで自民党は「余裕の過半数」を背景に 党本部は銀行から
借金を続けて 年間300億円規模の予算を運営してきたとの事。

なるほど 借金ありきの予算運営でしたか。
結構な泥舟だったと(汗

借金だけでなく 日本経団連のある幹部のコメントによると
「野党になった自民への献金が 現状維持とはいかないのでは」
とあるけど 結構痛そぅ。

それにしても党への融資の連帯保障は歴代の幹事長と経理局長だと言う。
それって記事みたいに「解党」なんてなったら連帯債務で・・(怖

総裁選が盛り上がらない理由の一つなのかな。

何にしても政治には「金が掛かりすぎる」って事。
言葉を換えれば「金を掛けすぎた」って事なのかも知れない。

その辺り是正していかないと 志ある政治家は育たないのだと思う【09年7月の一言】

それにしても 永田町の自民党本部は国有地に建っている。
そこだけ見ると「国=自民党」と言う図式の元に運営されていた事が良くわかる。

ヤヤコシイ話になりそぅだ。


しっかし買ってもいない本の内容が読めるなんて 有難ぃ世の中です^^
インターネットと言う一つの道具は もっと生活に恩恵をもたらせてくれそぅ。
一刻も早い正しい法整備が必要なのでしょうね。


以下は 上記AERA記事のコピペです。===============
 
昨日に引き続き 民主党ネタ。  軽く雑感^^
 
特に と言った感はあるがマニフェストで目を引く所と言えば
「建築基準法の抜本的見直し」の辺か。
 
マニフェストによると「建築基準法などの関係法令の抜本的見直し・住宅建設に係る
資格・許認可の整理・簡素化 関連組織の整理・縮小に取り組む」とある。

うーん またバタバタしそぅだ。
まずは官製不況の原因にもなった複雑な申請業務を簡素化して頂きたい。
 
正味今年6月イキナリ始まった バカほど書類&審査が必要な「長期優良住宅支援」
良い思想かと思うんだけど 8月には既にエントリすら終わっている(汗
光陰矢の如し ありゃいったぃなんだったんだ。
 
あ いぇ うちはエントリ分 あと2棟残ってますよ^^
と言いつつ 受け入れ側の不備が目立ちすぎ
 
至って明確な基準すら明示されたのが7月末という浅はかさ。
自民党最後のバラマキと取られても致し方ないのかも。
 
さて話は戻って 政権交代する民主党の政策も特に目新しい事は無い。
 
ただ今回民主は既存住宅の質の向上(リモデル)に重きを置いている様子。
 
具体策として「リモデル(リフォーム)を最重点に位置づけ バリアフリー改修・耐震補強改修
そして太陽光パネルや断熱材設置などの省エネルギー改修工事を支援する」とある。
 
方向性としては悪く無く 正論だと思うんだけど
 
例えば文面だけから言えば 断熱材設置等の名目が増えた事は良いとして
結局大手プレハブ寄りのエコ?製品の推奨に終始しそうで怖い。
 
住宅の省エネとしては太陽光発電や燃料電池を導入すれば数字だけは良くなる
 
またLED照明等々 省エネ製品を採用していけばランニングコスト等も
抑えられる事になり 実は住宅メーカーは太陽光くらい屋根に乗せておけば
特に努力しなくても一定の「省エネ」を叫ぶ事が出来る訳で。
 
もちろんお金を払うのはメーカーでは無く お施主様。

あのね

穴の空いたバケツに水を入れても漏れるだけだってば
化石資源は「有限」だと言う基本を忘れてはイケない。
 
まずは 堅牢で熱負荷の少ない住宅あっての話だと言う事を啓蒙するのは
正しい作り手としての義務かも知れなぃなと。
 
詳しくはまたw

今日も良い天気な飛騨高山です。運動会日和ですな^^

 

結局連立しちゃいましたね。
まぁ 選挙前から言ってたから驚く事ぢゃ無いけど。
 
ただ「部分連立」ってか「法案連立」で通せば
各党それなりに支持率も上がったと思うんだけど。
 
民主には「打たれ強そう」なヒールキャラは小沢氏くらいしか
居そうに無いから単に兵隊集めすか。
 
実際この三党 指針とか揃ってたのは自民批判くらぃ。
 
社民はたまーに正論言うけど無茶理論が多いし
いかんせん思考がヒステリック。
 
国民新党に至っては・・もぅ。
つか 議席数も取ってないのにイタタなコメントにも閉口。
 
とりあえずの餌が入閣か。
 
とにかく民主党に残された時間は ほぼ1年
1年以内に何か結果を出さないと 来年の参院選での結果は見える。
 
マスコミも それに思考能力を預けてしまった国民も飽きっぽいから。
 
一応は連立したとしても 日本の未来の為なら選挙時の支持団体等も
切り捨てるくらいの覚悟が無ければ評価は低い様に思う
 
そして「スピード」 あまりノンビリやってると逆に対抗勢力に潰されるだろうし
バラマキが増えるだけで 日本の未来も無くなる。
 
私達は マスコミ(特に安易なTV報道)の洗脳に煽られる事無く
しっかりと動向をチェックしていかないとイケないって事でしょうね。
 
まずは国民として 自分の意思・思考を持つって辺でしょうか。

 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 6 7
14
19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR