忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です。
[2938]  [2937]  [2936]  [2935]  [2934]  [2933]  [2932]  [2931]  [2930]  [2929]  [2928

さて問題です。
ドイツの一般家庭にないものはどれでしょうか?

 

①ファンヒーター

②ホットカーペット

③湯たんぽ

④暖房便座

 

答えは一番下に

 

↓もっともだ。と言う記事がありました。

 

「布団から出たくない」「脱衣所で裸になりたくない」
と思う日本人、思わないドイツ人

https://hbol.jp/212786

 

ドイツには行った事無いのですが イギリスでも上記な感じです。

 

イギリスで築200年と言う風格のあるタウンハウスに入ると

そこには最新のキッチンに樹脂製窓・セントラルヒーティング(パネル)‥

片や日本で古民家と言うと「寒い・暑い・古い(当たり前かw)」となりますが

イギリスでは古くて歴史あるけど「快適な住まい」があります。

 

もちろん建て方の違いはありますが

考え方として「古いモノは壊さず快適に改造する」が正解かと。

 

日本には「モノを大切に」「もったいない」と言う精神がありますが

こと住宅に関してはスッポリ抜け落ちてしまっています。

 

でもしょうがないですよね。

寒くて光熱費掛かって 健康被害がある家なんかに住みたくありません^^

 

でも 新築に限らず

中古住宅を快適に改装する手法も確立した今

選択肢は無数にあると言えます。

 

毎年 インフルエンザで亡くなる方より

ヒートショックで亡くなる方の数は1万倍以上です。

 

住環境の快適と健康 紐づけて考えましょう。

 

さて

 

最初の質問の答え・・もうお分かりですね。

 

答えは全部です。

 

その辺 もっと掘り下げて聞いたい方は

お気軽にお問い合わせ下さい^^

 

MAIL infoあっとまーくhousingeeyes.com

 

インスタ:https://www.instagram.com/housing_eyes/

 

 

アディ押忍




この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR