忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2215]  [2214]  [2213]  [2212]  [2211]  [2210]  [2209]  [2208]  [2207]  [2206]  [2205
月曜ですので いつもの呟きピックアップ。
 
2月20日~26日までの一週間分です。
 
~~~~~~~~~~~~

 

本気でお施主様に対して嘘のない良い家が売りたい!て思うなら、うちで営業すれれば良いよ。ひどくめでたいセレモニーは無いけど、言った事への技術的担保は曲げない。そんなこんなで全部会社がバックアップするし。でも嘘はダメだ。それだけ

 

 

H11基準より上の性能値って最近だと普通に見かけるけど、H11基準で最高って言うセールスも見かける。それはそれで会社の方針で良しとして、実質燃費は相当に異なるんだよねい。やっぱ現場の「精度」と「指針」が命であり現場が担保だ。

 

 

数字と精度。その辺判りやすく伝える事は出来るとは思うんだけど^^

 

 

言ったもん勝ちな性能良い家商戦には乗らないでおこう。

 

 

住宅のコンクリート基礎って、高層RC建物構造を逆にしただけで、立ち上がりは梁なんだよけどねぃ。

 

 

あ 地元とか書いちゃダメか。

 

 

そーいゃベタ基礎の概念すら間違ってて、地元広告見て本気で心配になる事例あるのもどーかと思うけど。

 

 

ベタ基礎だから強い!って現場見たらベース筋オールD-10@300で吹いた。何かあって裁判あったら施工側が勝ちようが無いとか(汗)真面目に考えようよ。

 

 

例えばプリウス。同レベルの車と比べて高いから買わないけど、経年の燃料費で車両代が相殺できる、もしくは得川に向かうなら買う的な。でも車の楽しみが欲しいからとダウンサイジングに向かった欧州車も売れる。同じなのは低燃費って事だけ。住まいはどうだろう。

 

 

低炭素社会への変換は必然と言える。省エネの旗を下げても省コストが見えれば個人住宅も動く。なんだかんだ高性能機器への依存は持続可能性が低くコストパフォーマンスは更に低い。

 

 

教育って、なんでもキレイ事にしてオブラートに包めば良いって訳ではない。

 

 

カチカチ山の狸ってウサギに背中燃やされて、そこにカラシ練り込まれて最終的に泥の船の乗せられて、船が沈んだ所に助ける振りした兎に叩き殺されたんだよね。そこだけ見ると酷いけど、狸はお婆さんを殺しただけでなく、その肉をお爺さんに食わせて大笑い。そこ残酷だからと消すと意味が無くなる。










この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
4 6
7 11 13
14 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR