忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2192]  [2191]  [2190]  [2189]  [2188]  [2187]  [2186]  [2185]  [2184]  [2183]  [2182
消費者庁から注意勧告が出ています。
 
「冬季に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください! 」
 
https://t.co/qhtFpY4x2I 【 消費者庁よりPDF 】
 
人口動態統計を分析したところ、家庭の浴槽での溺死者数は
11 年間で約7割増加し 平成 27 年に 4,804 人となっています。
 
そのうち高齢者(65 歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。

ちなみに昨年の年間交通事故死者数は 3904人で 4000人を割っています。
 
そもそも論で言うと「住宅内が寒い事」が原因で高温の湯温での入浴につながります。
 
建物全体の断熱施工は 難しいとしても 一番リスクの高いトイレや脱衣室だけでも
暖房を入れて 常に18度以上(出来れば20度以上)をキープしましょう。
 
コスト的にも割が合うと思います。
 
http://eyescode.bijual.com/Date/20161127/【 脱衣室暖房のコスト 】
 
 
 
入浴する際の注意事項 ---------------
 
安全に入浴するために、以下の点に注意しましょう。
 
(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
(2)湯温は 41 度以下、湯に漬かる時間は 10 分までを目安にしましょう。
(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
(4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
(5)精神安定剤、睡眠薬などの服用後入浴は危険ですので注意しましょう。
(6)入浴する前に同居者に一声掛け、
   同居者は、いつもより入浴時間が長いときには入浴者に声掛けをしましょう。






この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
8 12 13 14
17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR