忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[2175]  [2174]  [2173]  [2172]  [2171]  [2170]  [2169]  [2168]  [2167]  [2166]  [2165
愛媛県の調査では 対象とした住宅の脱衣室の
平均温度(1~2月)が1.7度高くなると 住人の活動量には
一日1400歩に相当する差が生じる事が判っています。
 
一日の推奨活動量が8000歩なので その2割近くの歩数が
実は室温に左右されている訳です。
 
 
 
たった2度程度の室温が 健康に大きな影響を与えている事が分かります。
 
さらに この調査対象住宅の内 活発に動けていたグループは
動けていなかったグループに比べて 
認知症や運動器症候群の患者人数が1割程度少なかったとしています。
 
 
暖かい家ほど動きやすくなるって事 体験的に判ると思います。
 
 
室温と健康 大切なキーワードですね。
 
 
出典:住宅の温熱環境による身体活動への影響・日本建築学会環境系論文集








この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 6 8
9 13
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR