忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1781]  [1780]  [1779]  [1778]  [1777]  [1776]  [1775]  [1774]  [1773]  [1772]  [1771
獣害予防の電気柵で男性2名死亡・5名がケガとショッキングな事故がありました。
 
 
電気柵 何らかの理由で電線切れ感電か【NHK】
 
 
実は昨日 イノシシ対策に電気柵を設置したのでタイムリーすぎて・・
 
そこで本日は電気柵について。
 
電気柵とはイノシシ等の被害から田畑を守る為こんな感じで
先に立てておいた棒に通電する線を這わせていきます。
 
 
 
 
のどかに見えますが この5倍以上の広さを囲うわけですww
 
 
 

地域の利権者が集まって人海戦術でナントカ設置終了。

 
そもそも この電気柵どうなっているかと言いますと↓(クリック可)
 
 
 
 

張ってある線に触れると 触れた物がアースとなって初めて電気が通ります。
 
一度ショックを受けたイノシシ等は その線を見ただけで近づかなくなると言う訳。
 
実際 謝って感電すると「痛っ!」って位の衝撃があります。

 
しかし出力電源はバッテリーや乾電池なので 殺傷能力まではありません。
 


また草等が伸びて線に触ると 触った草がアースになって
知らない間に バッテリー内の電気は無くなってしまいます。

 
なので草刈りや毎日の点検が欠かせない 手間が掛かる装置とも言えるのです。

 
そんな電気柵で感電死?
 
にわかには信じられませんが 今回の事故は
どうも家庭用コンセントから直接電源を引いていた様です。
 

通常のバッテリーや乾電池くらいの電源ですと 川なんかに放電したら
すぐ電気は無くなってしまいますし 感電死するまでの電気はありません。

更に言うと通常は漏電ブレーカーも付いています。

 
正しい設置があればと悔やまれます。
 
 
しかし そんな事をしたくなるくらい害獣の被害は大きい事を知って下さい。
 
獣だって生きているのだから害は人間のほうだろう なんて意見も解ります。
 
しかし天敵が居ない獣は増えていくばかり。
 
道徳いっぱいのキラキラしたお花畑の中だけでは暮らしていけないのです。
 

 
何にしても夏休みが始まったばかりに悲しい事故でした。



また通常は大丈夫だとは言え 田畑の廻りに設置してある柵には気をつけましょう。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR