忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100
先日のエントリ おとぎ話の町Lavenham(レヴェナム) にて

築200年の家に最新の窓が入ってたり~なんてのに追加。

日本で古民家って言うと、寒い暗い古いってイメージが拭えず
まぁそれが良いなんて風潮もありますが やっぱ住むなら快適な方が良いですよね。

うちのリモデル思想の一番はソコなのですがw イギリスなんかでは バカほど古い家なのに
最新の食洗機が入ったキッチンがあり断熱も現在の法的レベルなんてのは当たり前^^

たとえばこのLavenhamも内陸だから雪だって降ります。

130410.JPG

そぅ寒いのです。

だからこんな街角の家だって(右の家見てね)

130410-2.jpg

↓窓は樹脂のペアガラスだったりします。普通の事なんですね。

130410-3.jpg

なんて思って中古住宅見てたら ↓ 丁度この町にも売物件が出ていました。

130410-4.jpg

こちら 中古住宅紹介サイト

£150,000-だから今のレートで約2260万円あちこち。

コンサバトリー&フロント・バックにお庭付き 3ベッドルームにバスは一箇所
窓はペアガラス~各部屋にはラジエター(温水ヒーター)も設置済です。

・・ただ・・もちょっとまともに写真撮れよって感じですがww

窓はペアって表記がありますが ちゃんと樹脂製なり。

130410-5.jpg


それと特筆すべきはURL内下にあるタブ「EPC」って所です。


EPCとは「省エネルギー性能証書」の事で
簡単に言えば家の燃費性能。


その辺は長くなるので細かくは割愛しますが この家の場合省エネランクは「D」
もぅ少し頑張れば「B」ランクには出来ますよって意味です。

解りやすいシステムですよね。

日本にも必要な制度だと思いますし弊社では既に対応可ですよv
ただ基本ベースが無いのに表記しちゃうと数字だけ一人歩きするので出してませんが。

とりあえず

住宅の省エネ性能に対する思考は 英国と日本でこれ位違うって事なんですね。


習うべき慣習も多いと思いますが ある意味面白いでしょ^^


HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE




この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
へ~写真だけで樹脂製かどうか分かるんですね~。自分だと全く同じに見えて仕方ありませんが(爆)
古い家は趣きがあって良いですね~(^^)
RUND 2013/04/13(Sat)15:25:11 編集
おひさしぶりです(*≧∀≦)

古い家、曲がってるの そのままってのは頂けませんがww

はい。この窓ですが一番下の画像拡大すると
真ん中の方立て(縦桟)の繋ぎがVマーク出てますよね。

木製やアルミの場合はこんな溶接マーク出ませんので
樹脂と断定させて頂きました^^

あとリンク先の別の部屋画像だとFIXとケースメントのコンビが
よく判りますがカムラッチハンドルがやはり樹脂のそれでしたのでw

こゆ間違い探しみたぃのも楽しいでしょ(笑
ハレル屋@Eyes 2013/04/13(Sat)18:15:47 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 6 7
14
19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR