忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168
日本の建築現場では毎年 足場などの安全基準が厳しくなっています。

安全に対し過敏過ぎとは言いませんが ちょこちょこ基準が変わるので
現場チェックも大変なのですw

それに対し米国では良く【自己責任】と言う観念が語られますが建築現場も同じ。

こちらシカゴ かなり古いだろう「ハーフティンバーデザイン」の(躯体はツーバイかと)
ペイント補修をやってらしゃいますが・・・足場組んだ方が楽ぢゃない?(笑

130707.jpg

なんて米国の現場は新築でもこんなですw キホン自己責任ですから
自分でローリングタワー組んでる現場も目にしますけどね。

合理主義が徹底した米国ですから きっと足場組むより安価で早いとの判断なのでしょうけど
クライアントが後に残らない工事にお金を出さないって事もベースになってるみたいですよ。

そうそう米国の建築現場では良くコンクリートの付いたスタッド(間柱)なんかも
普通に使われていたりしますが 何故コンクリート付いてるかって言うと
基礎の型枠に使った2次利用だからですww もちろんクライアントも納得済。

強度は変わらないんだし仕上げでは隠れちゃうんだから
合理的っちゃー合理的なんですけどね^^



HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR