忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62

IEA(国際エネルギー機関)の統計によると
07年のCO2排出量は 中国がアメリカを抜いて世界一になったとの事。

世界全体の排出のうち中国は約21% 米国は約20%を占めた【毎日】

両国を併せると 世界全体の4割。

ちなみに順位は以下。

1位 中国--60.7億トン
2位 米国--57.7億トン
3位 露----15.9億トン
4位 印----13.2億トン
5位 日本--12.4億トン
6位 独--------8億トン

この数字を 国民1人当たりに落とすと(IEA)

1位 米国--19.1トン
2位 加----17.37トン
3位 露----11.21トン
4位 独-----9.71トン
5位 韓国--10.09トン
6位 日本---9.68トン

~となり 中国は4.58トンで8位 インドの1.18トンは10位となる。

ただこれあくまで排出量を人口で割っただけで 人口が多く
景気が低迷してる国は 格差による分母の数字が大きいってだけ。

数字だけなら昨今の日本や世界の推移も例外ではない 【9月の一言】

今後 第3諸国の人口増や古いタイプの石炭火力が新設ラッシュの
中国やインドなど GHG排出量が増大する事は必至。

逆説的に言えば その量を抑える手法は多いと言う現実で。

環境技術を確立して来た日本の進むべき道は 公害や水・食糧問題も絡め
そこにビジネスチャンスを見出す事では無いかと思ぅ。それが政治力かと。

言葉は悪いけど「恩を売り金を稼ぐ」ってシタタカサ。

決して「ホットエア」を買って自己満足する事では無ぃなと。  うん。

この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 23
26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR